元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【好きなギタリスト】ken(L'Arc-en-Ciel)

中学3年の頃、DEEP PURPLEを知りストラトを知った僕。

 

そこからストラト使うアーティストを知って行きました。

 

ジミヘン、イングヴェイ、ジェフベック、春畑道哉

 

そんな頃、ケーブルテレビの音楽チャンネルを何気なーく見ていたのです。

 

 

L'Arc-en-CielのKilling MeのPV

 

 

音楽チャンネルと何気なーく見ていた、そんなとき!

 

L'Arc-en-CielのPVが流れました

 

それがKilling MeのPVでした。

 

 

 

ギターのkenさんがカッコ良すぎて…

 

もう一目惚れでかなりテンション上がりました!

 

その時はL'Arc-en-Cielの読み方がわからず「らーくえん…?」みたいに思ってました。

 

 

 

CDレンタルして聴いてみる

 

その後、CDをレンタルしまして・・・

 

HONEYは聞いたことあるな〜

 

Driver's HighはGTOのやつや!

 

虹もなんか聞いたことあるぞ?

 

といった感じで色々と曲を知りました。

 

とはいえレンタルして聞いたのはベストシングルのやつ。

 

なんか音質というか?なんか自分の弾きたいのと違うなーなんて思いましたが、そういうのはライブ映像観て解消しました。

 

CDでは伝わらなかった?というか感じとれなかったのがライブ映像でたくさん感じ取りました

 

 

 

kenというギタリスト

 

僕が最初に見たのは2004年のLIVE IN USAでした

 

シンプルな衣装で、タンクトップ姿がワイルドでカッコいい、そしてストイックな演奏にかなり惹かれました!

 

演奏で勝負してるイメージでめちゃくちゃ惹かれました!

 

僕が特に好きなL'Arc-en-Cielは2004〜2006年です

 

ソロとしてのKenの活動ももちろん好きですし、SONS OF ALL PUSSYSでのKenも好きです。

 

あとは2009年のソロ活動、その時期がなんというかもう…

 

自分に響くというか身体の芯に響くというか

 

本当にグッときます!

 

 

 

最後に・・・

 

僕はL'Arc-en-Cielのコピーバンドをたくさん経験してきました。

 

それなったのもKilling MeのPVでの衝撃があったからです。

 

その中で僕はいつも2004〜2006年のkenさんを意識していた・・・

 

といっても過言ではありません。

 

今も新曲コピーするにしてもその時期をイメージして意識して弾いてます。

 

あと、また別途紹介する記事で書きますが、僕のエフェクターボードは見る人が見ると

 

ラルクのkenが好きなんだなというのがわかると思います・・・(笑)