元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【ギター練習】自分の練習メニュー

今日は僕のギターの練習メニューをご紹介!

 

f:id:lyricismguitar:20180128121037j:image

 

 

バンドしてる時

課題曲を中心に練習します。
コピーの時は曲をリピートで流しまくって、楽譜見て覚えていきました。

 

弾く時間があるときは教則本のフレーズを弾いたりします。
ラルクコピーの場合はYouTubeの動画見たり、本家のDVDを見てどんな感じで弾いてるかチェックして実践したりしていました。

 

バンドしてる時はそんな感じだったので、自分の好きな曲を練習したりはあんまりしてなかった気がします。

 

 

バンドしてない時

バンドしていない時期は自分の好きな曲、やりたい曲を弾くときもありましたが、基本的には教則本のフレーズをメインに弾いてました。

メカニカル系のトレーニングのフレーズが中心です。

地獄のメカニカルトレーニングの教則本はかなりお世話になりました!

CD通りに弾けるのは少ないですが、ゆっくり確実に弾いていました。

フレーズ集として使ってる面もありました。

 

 

バンド辞めた今

今はもうひたすら好きな曲を弾いています。

あとはメトロノーム流して教則本のフレーズ練習したりしています。

そういう自分の技術向上の練習がまた楽しいんです。

最近はKellyさんのFuture Destinationを練習してます。

 

 

弾く時の心構え

僕は好きな一曲や教則本のフレーズを"間違えないように弾く意識"を持って弾く時間をいつも取ります。(時間ないときはこの練習だけする)

 

あとは特に何も考えず弾く時間だったり、運指の練習、音が綺麗に鳴っているかを確認しています。

 

スタジオでの個人練習 

月に1〜2回はスタジオ行って個人練習をやります。


普段弾いてる曲やフレーズを大音量で弾くのは大切と思います。
家でアンプ通さず弾いたり、小さいアンプの音量で弾くのとは大違いですからね。

 

エフェクターの操作だったり、音のチェックを色々やります。
アンプがたくさんレンタルしてるスタジオでは行くたびに色々レンタルします。

 

レンタルで色んなアンプを知って自分の音を持って来れるか、僕はよく試しています。

 

まとめ

 

・バンドしてる時は課題曲の練習を中心

・バンドしてない時は自分の技術向上の為の練習

・練習の時は間違えないように集中する時間を取る

・個人練のスタジオでは色んなアンプで自分の音を出せるか挑戦

 

何となくギターを練習するのではなく、少しの時間であっても何かしら勉強してレベルアップしていきたいです。

 

現状維持は後退です。

 

常に挑戦していく気持ちは大切です!