元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【ギター練習】効率の良いギター練習方法

既に色んなホームページやブログで書いてあると思いますが・・・

 

今日は僕が思う効率の良いギターの練習方法を書きます。

 

f:id:lyricismguitar:20180128121111j:image

 

 

始めたばかりの場合


始めたばかりの頃はたくさん弾きましょう!と言ってしまえばそれで終わってしまいます(笑)

 

けど何からやればいいの?と思うかもしれません。

 

始めたばかりの場合は、まず好きな曲を練習すると良いと思います。何故ギター弾きたいのか?


「この曲を弾けるようになりたいから」


というのがあると思います。


漠然としてる場合、教則本ならば初心者向けの本を買って弾いてみるのも良いです。


始めたばかりの頃は"指が動かない"ってなります。

 

ある程度指が動くようになるのは時間かかります。2週間〜1ヶ月は練習しないとダメかもしれません。


僕は高校入って先輩に教えてもらった「ドレミファソラシド」のフレーズを延々と練習してました。


本当にただひたすら、毎日そのフレーズを黙々と続けてました(笑)

 

 

 

ちゃんと弾く

 

指が動くようになったら、"ちゃんと弾く"って事を意識するのが大切と思います。

 

弾いた時に"音が綺麗に鳴っているか"というのは重要です。

 

1つの音を綺麗に鳴らすと意識するだけでコード弾き、単音弾きも聞こえ方が違ってきます。

 

 

 

教則本のフレーズを練習すること


教則本は僕は色々買いました。


基本は好きなギタリストが書いた教則本を色々と買いました。

 

 

ただ教則本ってあくまで教科書的な位置付けだと思います。

 


教則本のフレーズを練習することが悪いわけではありませんが・・・

 

基本を学ぶ教科書で練習しつづけても実際の曲練習等には結び付かないのかな?

と思う面もあります。

 

僕はバンド活動があまり多くない時期は教則本のフレーズをたくさん弾きました。

 

好きなギタリストが書いた教則本たから練習していました。

 

基礎を鍛えるという面でとても良い練習になったと思ってます。

 

 

 

曲練習


一番身につくのが曲練習と思います。


好きな曲を弾くこと、好きなアーティストの曲をたくさん弾くこと・

これが一番良い練習だと思います。


好きなアーティストの曲の手癖を身に付けるとそのアーティストの他の曲であっても何となーくでも弾けたりしてきます。


僕の場合はL'Arc-en-Cielの楽曲でした。

 

バンドスコア無くても何となーく弾けるようになってたこともあります(笑)

 

 

弾けない場合


速さとか、指が届かないとかで"弾けない"ってことが出てくる思います。


そんな時は…

 

ゆっくりでも確実に弾ける速度で弾くことです。

 

指の動きを覚えたら、速く弾いてみましょう。


弾けなくても、その速さを体感しておくことが大切です。


これを繰り返してるといつのまにか弾けてることがあります。


ゆっくり弾く、速く弾くっていうのを繰り返していくことが大事です。


結局は"ちゃんと弾く"ってことが大切です。

 

 

 

バンドの練習、ライブの時はその場の勢いとかで乗り切っていいと思います。

ただそこで弾けている気になっているだけではダメです。

 

弾けていないのを自覚しながら、スタジオで勢いとかで乗り切るのと

 

弾けてないのに弾けている気になっている状態で練習してるのとでは大違いです。

 

そういうところが後になってから演奏レベルで大きく差が出てくると思います。

 

 

まとめ

 

ギターは一つの音を疎かにせずちゃんと弾く!

 

っていうことになってしまいますね・・・(笑)

 

何度か"ちゃんと弾く"ってのを出しました。

正直なところ何をしても最終的にはここに辿り着くのではないか・・・?

と僕は思っています。

 

僕も日々練習して憧れのギタリストのようになっていきたいです。