元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】音楽活動での人脈作りはどうするか?

前回の記事

自分を売り込むことにも繋がるかもしれません、そんな内容です。



やっぱり音楽にしろ何にしろ

最終的には人間関係になると思います。





【スポンサーリンク】






人脈作りの大切さ


いくらカッコ良くても…



いくら演奏技術があっても…





人脈が無いと音楽活動も出来ません!


日本のプロの世界は

実力云々よりも周りとの人間関係、コネが大事という風潮があります。

海外は実力主義らしい。



アマチュアでも同じです。

良い人間関係が無いと音楽活動はなかなか出来ません。



どうやって探す?


人脈作りの場所はどうするべきか?



地方の場合は難しいかもしれませんが…

地元の楽器店、ライブハウス、スタジオだったり。

音楽バーなんかにも顔を出してみるのはどうでしょうか?

都心部ならばSNS(mixi等)で探してみると良いと思います。



好きなアーティストのコミュニティを見てみるとセッション等のイベントもあったりします。

あとは音楽サークルでしょう。

以前紹介したMusicrowdという社会人音楽サークルはオススメです。

他にも色々なサークルはあるみたいですし、ホームページ等を探してみると良いです。

僕は大阪、東京でいくつかの音楽サークルに参加しましたが、得るものありますし勉強なったことたくさんありました!



勇気を出して行ってみる


良さそうな場所を見つけたとしても、1人ではなかなか勇気が出ない…

場所を見つけても連絡するのが面倒だな〜とか云々あるかもしれません。

そこは勇気を出すしかありません。



やっぱり初めての場所なら不安はあるものです。

(僕は何度も経験しましたが今でも最初は少し緊張します)



新しい場所に行くこと、大変ですが行った先で得られるものは多いです。

仮に失敗だったらそれはそれです。

失敗から学んで新たに挑戦していけばいい

と僕は考えています。



失敗は成功の元です。



意外なところで


僕は音楽活動、バンド活動を通じて知り合いも増えていきました。

その中であまり話し込んではないけれど…

何度か会っている人が居ました。



最初はセッションイベントの時でしたが…

その時から僕の音楽への向き合い方や考え方を察してくれていた方でした。

それから月日が経ったころ

色々あってLINEでやり取りする時に

"同志"とお互い思えたのです。

自分を理解してくれる人ってどこにいるかわからないものです。

本当に嬉しかった出来事でした。

自分を曲げず、直向きにギターやり続けた結果と思います。



まとめ


音楽活動での人脈作りについて色々書いてきました。


・良い人間関係あってことの音楽活動
・サークル、セッションをあらゆる場所で探す
・勇気を出して音楽の場へ飛び込んでいく



少し異例ではありますが…


・自分のスタイルを貫き通す

そうしてると稀に良い知り合いができることもあります!



共通の好きなアーティストが居たり、仲間だったり、音楽でのライバルだったり。

技術で繋がることは多いと思います。

けどお互いの気持ちで繋がるのはなかなか少ないと思います。



技術で繋がる人は離れてくことも多いですが…



心で繋がった人はそう簡単に離れることはありません。





以上、今日は音楽活動での人脈作りについて書きました。

ベストな仲間、良いメンバーに巡り合うには出会う数もかなり必要です。



ご参考になれば幸いです。