元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】学校外でのバンド活動はどうするか?(通称:外バンというやつ)

今日は学校外でのバンド活動について書きます。

 

これから高校生、大学生になる方のご参考になればと思います。

 

 

 

僕は学生の頃は軽音楽部に所属していましたが、悲しいことに学校ではメンバーがおらず(というか友達すらほぼ居なかった)

 

学校外でバンドするしか選択肢はなかったのです。

(少しだけ部活でもバンドはしたことあったけどね)

 

 

 

正直言うと

 

軽音楽部よりも外でバンドする方が良いと思います。

 

僕にはその方が合っていました。

 

 

 

類は共を呼ぶというように、集まったのはみんな

 

学校には軽音楽部がなかったり

 

学校で仲間外れになってしまったり

 

学校の軽音楽部では自分のやりたい音楽ができなかったり

 

という人たちばかりでした。

 

 

 

学校の軽音楽部も楽しいけど学校外でもバンドやりたいって人も居ましたが

 

そういう人は最終的には居心地良い方へ行ってしまいます。

 

 

 

●学校外でバンドをするメリット

 

簡単に言ってしまうと・・・

 

世界が広がります。

 

学校の軽音楽部とは違って本当に色んな人が居ます。

 

今まで見たこと無いような上手い人っていたりしますからね。

 

 

 

学校の軽音で満足している方も、一度外の世界を見てほしいと思います。

 

同い年であっても

 

取り組む意識が違うと本当にレベルが違うというか

 

驚くことが多いです!

 

 

 

●学校外でバンドをする時のデメリット

 

 

学生ならばお金がかかるということだと思います。

 

・スタジオ代金

・ライブをするためのチケットノルマ

・交通費

 

これらが結構かかってきます。

 

 

 

僕は高校生の時は結構大変でした・・・・・

 

 

 

あとは・・・

 

学校外でバンドをしているのを知られると妬みやら陰口とか言われることもあります(経験者)

↑別に良いと思うんですがね・・・

 

 

 

●外バンドは実際どうやって組んで行くのか?

 

これも難しいところですね・・・

 

僕がやってきた方法をご紹介します。

 

そもそも僕がどうやって学校外でバンドをやっていったかも含めて

 

 

 

僕が学校外でバンドをすることになったキッカケは

 

先輩からの紹介でした。

 

「学校でバンド出来そうになかったら学校外でやればいいやん」

 

という何気ない一言から

 

先輩の友人の後輩を紹介してもらいました。

 

 

 

そこで学校外でのバンドを経験していったのです。

 

 

なので知人、友人の紹介はかなり有効です。

 

そこから学校の軽音楽部にはほとんど行かなくなってしまい

 

学校外でのバンドに力を入れて行くようになりました。

 

 

 

そこからはやる気と行動です。

 

 

 

 

 

●スタジオ、楽器店のメンバー募集の張り紙

 

 

 

僕がまず利用したのは

 

近所の楽器店でした。

 

メンバー募集の張り紙があって、お店を経由して連絡を取り合う形です。

 

スタジオ併設している楽器店だったらあります。

 

お店としてもスタジオを利用してもらえるし、売り上げに繋がりますからね(笑)

 

僕はS村楽器さんでした(伏せれてないけど)

 

 

 

そこで勉強になったこともありましたし、新たな人間関係が出来るキッカケにも繋がったりと

 

いいと思います!

 

 

 

●SNS、インターネットの募集サイト等

 

 

僕はあまり多くは利用していませんが、何度か利用したことがあります。

 

バンドの結成には10年ほど前はwith9等の募集サイトを通じて出来たバンドは多くありました。

 

とても良いバンドができることもあれば、そうでないことも・・・

 

よくわからない人も居ますからね・・・

 

重要なのは

 

メンバー募集、加入希望の文章の書き方です。

 

判断材料が文章しかありません。

 

真面目に書けばその誠意は伝わると思います。

 

なので真面目に書けば真面目な人が来る、そうでないと何の連絡もこないと思います。

 

僕は結構キッチリ書いたので、良いメンバーが入ってきました。

 

 

 

個人的にはSNS等の利用が良いのではないかと思います。

 

セッションイベントでお会いした人とバンドすることになったり

 

期間限定でバンドしたこともありました。

 

セッション等のイベントではいきなり演奏で合わせますからね

 

わかりやすいです。

 

 

 

人脈作りにもなりますしSNS等の利用はオススメです。

 

 

 

●まとめ

 

やっぱり音楽のある場所に顔を出すことが何より重要です。

 

どこでどんな出会いがあるかわかりません。

 

意外なところからバンドに発展したりもしますからね!

 

 

 

自分のやりたいジャンルは無理だ・・・

 

なんて思っていても

 

良い人間関係があれば実現したりも出来るんです!

 

 

 

結局は人間関係・・・ってことになってしまうか(笑)

 

 

 

誰かと一緒に外バンドをやるのなら少しは気持ちも楽かもしれません。

 

もし一人だったら・・・

 

勇気が必要です!

 

ひたむきに努力していくと、良い人間関係もできたことありました。

 

運に左右されてしまいますが

 

 

 

運が自分に向いてくるまでやり続けるのも音楽やる上での才能と思います!