元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【ギター練習】僕のギターの音作りのやり方

今日はエレキギターでの僕の音作りのやり方をご紹介します!


音作りのやり方(考え方もある)として、1つの参考にしていただけると幸いです。

これからエレキギターを始める方、既にやっているが行き詰まった方に見ていただきたいです。



ここに全ては書ききれないですが、書けるところは書いていきます!



自分の音作りのスタイル


僕の音作りのスタイルは

アンプをクリーンにしてエフェクターで音を作るというやり方です。

自分のアンプがあればアンプの歪みを使うと思いますが、自分のアンプは練習用の小型しか無いので…

アンプは基本的にスタジオやライブ会場の物を使います。

基本はMarshallのJCM900を好んで使います。

JC-120は比較的何処にでもあるので、JC-120を使う時もあります。

そこは状況に応じて使い分けています。

理想を言うならばいつも
メインのエフェクターボード+FenderのTwinReverbを使いたいです。



出したい音と現実


これはとても重要なところだと思います。

自分の出したい音は何なのか?

これが定まっていないと上手くは行かないと思います。

「プロは膨大なシステムだから…」

というのも確かにありますが、自分なりに噛み砕いて近づけていくべきと僕は考えています。



これが参考になるかわかりませんが、僕の考え方を書きます。



僕の出したい音は

2004年〜2006年

L'Arc-en-Cielのkenさんの音です。

特に2004年です。

2004年の機材はSONS OF ALL PUSSYSというバンドの機材が中心になっています。

ファズ
ブースター
ディレイ
マーシャル

これらで音を作っていたらしいです。

(色々と雑誌やらを読み漁ったりしてそう考えています)



なので…



歪み+ブースター+ディレイ

これらを基本とすれば

音質は違えど何とか出来るんじゃないか?

と僕は考えました。

アンプの歪み(マーシャル)+ブースター+ディレイ(センドリターン)の時もあります。

なのでそこを意識してエフェクターを揃えています。



今現在のサブのエフェクターボードは

RAT2、TS9、DD-20を基本にプラスアルファという形を取っています。

音質は理想まではいかなくても、これらおおよその自分の音を持ってくることが出来ます。

ここに更に理想を徹底的に追求してるのが大きいARC-3で制御してるエフェクターボードになります。

なので

出したい音は何か、理想を再現、近づけるためにはどうするか?

ここはとても重要です。



アンプのセッティングのやり方


僕はアンプは基本的にMarshallのJCM900を好みます。
(2000や800でも大丈夫ですが理想は900)

最初にやるのはクリーンの音のチェックです。

最初にゲイン、ボリューム、イコライザーはほんの少し(9時ぐらいの位置)上げてとりあえず小さく音を出します。
そこから調整していきます。



基本的にJCM900だったら

チャンネルAのGAINは1時くらいの位置にして、ボリュームは適量。

TREBLE
マーシャルは高音域が出やすいので、あまり上げていません。
(上げても9時くらいの位置です。)

MIDDLE
僕はいつも2時くらいの位置にしています。

BASS
基本的に半分です。
12時くらいの位置です。



これ以上は上げることはあまりないです。


なぜJCM900を好むかというと

アンプのパワー管の違いです。



JCM2000、800はEL34というものが使用されていますが

JCM900は5881(互換は6L6等)という物が使用されてます。



EL34はいかにもマーシャルなサウンドになります。

粘り強さと攻撃的な印象なので"マーシャルの音"です。



5881はクリアな印象があって音を作りやすいです。

エフェクターで音を作る僕には必須です。



客観的に聴いてどうか?


音が決まったら次は
客観的に聞くことです。

ライブをなるべく想定しておいた音。



スタジオでの確認方法は


アンプの前から離れて、対面に行く。

しゃがむ。

スピーカーの位置に耳を持ってきて聞きます。



そこでおおよそ客観的に聴いたのに近いと思います。

もしジャキジャキ耳障りだったり、モコモコしてる、キンキンうるさい、等思ったのならば…

改めて調整しましょう!

この繰り返しで調整していきます。

くれぐれも

アンプの前で作った音に満足しないように気をつけて下さい!



僕は音作りがどうしても上手くいかないな〜

と思った時…

アンプのボリュームを下げ目にして
イコライザーをフル近くまで上げてカットしていくやり方で作り直します。

最初からフルテンにしてカットしていくやり方で音を作る人もいますが…

個人的あまりオススメはしないです。

カットしていくやり方だとイコライザーの効き具合が見えにくくなるからです。

※あくまで自分の場合の感じ方です

なのでイコライザーは下げておいて
少しずつ欲しい音域を足していく形にしています。



まとめ


今日は僕のギターの音作りついて書いてきました。
アンプの少し細かい話も出てきてしまいましたね(笑)

いくら良いギター、エフェクター、シールド等であっても



最終段であるギターアンプ
ギター以上に音が決まると思います。