元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】ファンとアンチは一定の割合で居る

誰からも好かれるのは無理なわけで

嫌われる勇気も時には必要。
更には嫌われてもやり続ける勇気が必要だと思っています。



アンチというのは羨ましいということから
嫉妬という気持ちが芽生えてしまう。

なので陰口叩いたり、悪口を言ったりするのだと僕は思っています。



音楽活動では

どうやっても

何をやっても



自分のアンチは必ず出てくるのです。



やる気と行動力があれば出来るものを…

自分にはコネが無いだとか云々言い訳したりする時点でダメだと僕は思う。

そんな嫉妬は愚かでしかない。

それ以前に自分自身と向き合わないとダメなわけです。



自分が努力しなければ良い人間関係も何も出来ない。



自分からアクション、何かしらアプローチをやらない限りは
不思議と周りも何も動き始めないのです。

失敗してもいいから動くべき。



自分のギターは好きな人は好き

嫌いな人はトコトン嫌い

という現実です(笑)


そうなってしまうのは少なくとも自分に

実力があるからだと僕は思っています。



音楽活動ではあまり表舞台には出ない僕ですが、セッション等の場等で

常連さんが居る中で思い切り弾くと常連の方からは見事に嫌われます。



周りから凄いと言われてる人の前で僕が思い切り弾くと見事に嫌われる。

そんなつもりは無いんやけどな〜笑

逆に気に入ってくれる人は本当に気に入ってくれます。





僕は19歳の頃から
今の音と演奏を確立してます

関西の一部(本当にほんの一部)
では"期待の若手"と言われてました。



反対にアンチは


機材に頼ってるだけ

平成生まれ、ゆとり世代のくせに


だとかも言われてました(笑)



【スポンサーリンク】





日本の風潮か知らないけど、実力云々よりも周りとの人間関係が優先される。


それはプロはもちろん

アマチュアの世界でも普通にあると思っています。

そういう場になかなか入りこめなくて…
僕は結構孤立もしました笑

コミュニケーション不足というか?
空気読めてなくて場違いかもしれないです。



そんな中でも自分の音楽やギターへの考えをわかってくれる人はわかってくれた同志の方も数少ないですが居ました。

そんな同志の方との関係は大事にしていきたいです。



今年は夏頃にステージにもまた立ちたいなと思ってます。
バンドでなく、1人のギタリストとして。
小さいステージやけど、新たな挑戦です。



浮くのは目に見えてるけど…ね(笑)