元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】リーダーのやるべき大切なこと

昔自分がバンドでやっていた、取り組んでいた、気をつけていた内容を書きます。

あなたがバンドのリーダーなら
やっておいた方が良いと思う内容です。






【スポンサーリンク】





方針を決める


・楽しく活動していく趣味バンドなのか

プロを目指すバンドなのか

・アマチュアであっても積極的に活動するバンドなのか

・趣味ながらも限りなく演奏クォリティを高めていくバンドなのか



バンドってなんとなーく始めてしまうと

そのうちメンバーとの
温度差を感じるようになります。

そうならないためにも

方針を決めておきましょう!





ライブへの意識合わせ


ライブする前、ライブの予定が決まった時に意識合わせをしておくべきと思います。



ブッキングライブであっても

知り合い主催であっても

自分の主催であっても。



・見に来た人をビビらせる

・一番目立つ格好にしよう



とかでもいいのです。



何かしらの意識合わせをしてライブに挑むことが大切です。



そこを決めてないといくら演奏よくても



見てる側には違和感を何となく感じることもあるのです。



マイナスなことは言わない


これは僕は言ってしまっていたことでもあります。

あと2週間しかないよ?

という言い方です。



こういう言い方すると相手にグサッといくのか場合によっては怒らせてしまうんですね(笑)



まだ2週間ある!

という言い方をすれば怒らせることも無かったと思います。



言い方悪くて争ったという後悔も何度かあるけど

そこもマイナスには捉えずに

「自分が血気盛んだった頃」とプラスに捉えておきます。



あと僕がリーダーではなかったときですが


ライブ決まってるのに事情によりメンバーが抜けたという時です。



その時のリーダーは

「どうしよう…ライブキャンセルしようかな」

と言い出しました。



そうなるとほかのメンバーも


「うーん、そうせざるを得ないね」

「それならそれで仕方ない」


だったりとなってしまうんです。





リーダーの発言力ってやっぱり大きいです。



僕はそこで提案したのが

「知り合いでサポートしてくれそうな人が居るのでお願いしてみましょうか?」

という提案。

そこで一気にみんな諦めムードでなく、良いムードになりモチベーションも上がりました。



プラスへ考えるのは大切です!



メンバーへの感謝


忘れてはならないのが

メンバーへの感謝です。



皆で集まって大切な時間を共有してるわけですからね。



過去にはリーダーで酷い人も居ました。

曲決め、演奏、日程調整が上手くいかずだったりで・・・

イライラしてしまいその場の雰囲気までも悪くしてしまう。



それはリーダーとして
一番ダメなタイプの人です。
(こういうタイプは何人か居ました)



自分の気にいる気に入らないで動く。

一度でも自分が気にいる行動をしてたら認められるような形です。
↑色々と最悪やけど



メンバーへの感謝の気持ちがあれば

「うーん、仕方ないか」

とか思えたりするものです。



寧ろそうでなかったらダメです。



メンバーそれぞれのことを無視してることになってしまう。



そんな御都合主義、自分都合リーダーは、バンドのリーダー以前に

バンドに向いてないと考えます。




まとめ


バンドの方針最初にしっかり話し合って決めましょう
ライブへの意識メンバーみんなで合わせて練習していくべき
・ネガティブなことでもポジティブな表現を心がけよう
・一緒に活動してるメンバーへの感謝は忘れずに持ちましょう



バンドのリーダーって大変ですが学べることは多いです。

本当に勉強になります!

これを読んだ方がバンドのリーダーでなくても

リーダーを助ける気持ちを持って欲しいです!





今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々ありがとうございました!