元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】プレーヤーとしての特徴を3つは持っておくべき


1人のプレーヤーとして3つの特徴を持っておくべきだと僕は考えています。



今日はプレーヤーとして持つべき特徴3つについて書きます。






【スポンサーリンク】




1つ目の特徴


自分の担当パートです。

え?担当パートなんてわざわざ言うべきなのか?と思うかもしれませんね。

・ボーカル
・ギター
・ベース
・キーボード
・ドラム
・その他の楽器

もっと言うならば

・ギターボーカル
・ベースボーカル
・キーボードボーカル
・シンガーソングライター

と更にあります。



僕の好きなギタリストはギターは当然上手いわけですが

歌もめちゃ上手い人です。



けどウリギターなわけです。



自分の担当パートはこれです!

と自信持って言えるやつです。



歌も出来る、他の楽器も出来る、というのはその後で良いです。


まず自分の担当パートはこれだ!と言えるのが大切です。



楽器ならギター、ベースが出来るって人います。両方とも同じ熱量なら良いですが、もし同じでないならより力を入れてる方を。


2つ目の特徴



ジャンルです。

自分はどんなジャンルが好きなのか?

どんなジャンルが得意なのか?です。





ロックなのか?

ポップスなのか?

パンクなのか?

ハードロックなのか?

ヘヴィメタルなのか?

デスメタルなのか?

ネオクラシカルメタルなのか?

V系なのか?

ジャズなのか?

フュージョンなのか?

ボサノヴァなのか?

クラシックなのか?

民謡なのか?

昭和歌謡なのか?

童謡なのか?


※色に特に意味はありません



日本では何かしらカテゴライズされるので

ジャンルは絞っておいた方がいいです。

得意なジャンル、音楽始めるキッカケのジャンルとかがいいと思います。



3つ目の特徴



パート、ジャンルときて・・・

次に必要なのが

自分の得意とする分野です。

専門分野とも言えるかな

よく演奏する、歌う楽曲は必須です。
(知ってもらうのに最もわかりやすい)



更には好きなアーティスト、プレーヤーを言えば

大体どういうプレーヤーなのかわかると思います。

因みにここでいう得意分野というのは

自分が自信を持てる得意分野です。

平均よりも高い水準で出来る!

と言える内容がベストです。



自分の場合


参考までに自分の場合を書いてみます。

●パート
→ギター(エレキ、アコースティック)

●ジャンル
→ハードロック、ヘヴィメタル

●得意分野
→L'Arc-en-Ciel、VAMPS等のラルク関係の楽曲が得意。好きなギタリスト、ken(L'Arc-en-Ciel)、大村孝佳、Kelly SIMONZ。



これで大体どういうプレーヤーなのか見えるかなと。

個人的にL'Arc-en-Cielのkenが好きで、大村孝佳さん、Kelly SIMONZさんが好きというのは大きな特徴と思ってます。




まとめ



担当パート
好きなジャンル
得意分野

これら3つを基本に持っておきましょう。



仮に自分と似てるタイプの人が居たとしても
同じようにはなりません。

始めたキッカケとか、やってきた環境、背景が違うからです。



その人にしか無い個性、持ち味というものが必ずあります!



特徴が無いなんてことは絶対ありません。



自分の好きなもの、好きなこと、得意分野は特徴に繋がります!





【スポンサーリンク】