元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【ギター練習】速弾きについての自分の考え


エレキギターをやってる方なら・・・

一度は速弾き憧れるのでは無いでしょうか?



僕は速弾きをするギタリストに憧れたからエレキギターを始めたと言っても嘘ではありません。



DEEP PURPLE

BURN
HIGHWAY STAR
SMOKE ON THE WATER

等が好きだった中学生でしたので(笑)





今日は速弾きについての個人的な考え練習について書いていきます。






【スポンサーリンク】




速弾きに対しての考え方と捉え方


僕は速弾きは出来るようになりたいです。

けど何よりも重点に置いているのは



音が綺麗に鳴っているか?を重点を置いています。



1つの音を疎かにすれば綺麗なメロディーにならないという考え方です。

ちゃんと弾けているか?

ゆっくりな状態で確実に弾けているか?

を一番重点に置いています。



速さはそのうち付いてくるのでは?と思っています。



速く弾きたければ速く弾けばいい

この台詞、知ってる人もいるかもしれません。

ギタリストの大村孝佳さんの言葉です。

これは賛否分かれるのでは?

とも思いましたが単純に考えればその通りとも思えます。



その背景には

速く弾く練習をしていた

ということになります。

なので速く弾けるということですね。



練習方法について



速弾きの練習、皆さんどうしていますか?

僕は先ほど書きましたが



ゆっくりな状態で確実に弾けているか?
これを一番重点に置いています。



速弾きって手癖だと思うのです。



人って仕事とか最初は遅くても、慣れてくるとある程度は速く出来るようになりますよね?

それが染み付いて自分の癖になる。



なのでゆっくりでも確実に弾けるようになることは大事と考えています。



ワンフレーズであってもゆっくり確実に弾けるようになったら



課題曲と合わせてみましょう!



弾ける弾けないではなく



本来の速さを知る為にやってみるのです。



指がバタつこうがピッキングがめちゃくちゃになろうとも

やってみましょう!



その速さに付いていけるようになって

更に余裕まで持てるようになれば理想です。



あとバンド練習、ライブ等ではちゃんと弾けてなかったとしても

勢いとかでやってしまえば良いです。





けど!!!





それで弾けている気になっては絶対にダメです!



ちゃんと弾けていないけどスタジオ、ステージはとりあえず勢いで乗り切る

こう自覚して弾いてるのと、そうでないのとでは後になって大きな差が生まれます。



僕はラルクコピーで速いフレーズとかはスタジオ、ライブでは勢いで挑んでる時もありました。




執着すること



速弾きが出来るようになるかならないか

そこは執着することだと思います。



どれだけ執着するのか?



徹底的にです!



徹底的に執着できているならば

時間はそれなりにかかるとして執着してない人よりか出来るようになると考えます。



徹底的に執着というは



自分と憧れのギタリストしか見えていない



というレベルです。




【スポンサーリンク】




参考までに僕は西川信幸さんのギターコピー(特にラルク)への執着は半端なくて今の自分の演奏の元になっています。

現に西川さんを彷彿とさせるギターを弾いてる、と言われたことあります。
(知る人ぞ知るthe CHRONOSのメンバーの方から)





まとめ


1つの音を疎かにせず綺麗に音が鳴っているかを確認する
・短いフレーズでもゆっくり弾けるようになったら原曲と合わせてみて速さを知る
どれだけ執着できているかで上達の度合いは変わる



速弾きって凄いが故に

賛否分かれると思います。



けどエレキギターやってるならやってみたい。



出来るようになった世界を見てみたい。





一度は思うのではないでしょうか?



この記事が速弾きをやってみたい方の参考、ヒントになれば幸いです。



今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!