元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【軽音楽部】高校で軽音楽部って入るべきかどうか単純に書いてみた

今日は軽音楽部って入るべきかどうか

 

単純にそういうところについて書いてみます!

 


【スポンサーリンク】




入るべきか?実際どうなの?



いくつか軽音楽部についての内容を書いてきました。

とりあえず僕の経験

色々と嫌な思い出しかないんだなーというのはわかってもらえたかなと思います・・・(笑)
 


まるで軽音楽部を否定しているかのような内容に見えた方もいるかもしれません。



もし不快にさせてしまっていたら申し訳ないです。



先輩と合うか、同学年の人と合うかどうか



そういう面で、見学に行ってみて


入るかどうか決めたほうがいい

そう書きました。



そんな細かいことは置いておいて



入るべきかどうか



結論を言えば



入ってはありません。



人間関係とかそういう集団生活でしか学べないものがあります。



なのでそこで音楽活動、バンド活動をしてみるというのは必ずプラスになります。


絶対に無駄ではありません。



仮に無駄だと思ったとしても



広〜い意味では



人生において無駄なことってのも重要なんです!

 

入るメリット



同学年で他のクラスとの知り合いができる

先輩、後輩とつながりを持てる

これは部活動ならではのメリットです。



移動教室、体育祭、修学旅行とか


そういう時に別のクラスと何かしらやらなきゃいけないとき


知り合いがいてるっていうのは安心にもなるんです。



あとは先輩から先生の情報だったり授業のネタだとかテスト対策とか

そういう情報も聞くことができます!




入るデメリット



デメリットってあるだろうか?

自分の場合は嫌なことたくさんでしたが



それも経験なんです!



自分が軽音楽部でどういう立ち位置なのかを知るキッカケになります。



もし僕はあの時、軽音楽部をやめて帰宅部になっていたら・・・



良くも悪くも、今は何かしら違っていたと思います。

仲間外れ等々も

起こるべくして起きたことだと前向きに考えてます!



辞めてたらあの頃はより良く自分の音楽活動ができていた可能性もあれば

もっと酷い状況になっていた可能性もある。



ギター上手くなりたいんだ!

っていう気持ちはそういう部活動では冷たく白い目で見られてしまう

なんてことは入っていなかったらわからないことでした!




まとめ



軽音楽部へ入ってみないとわからない

というのは大いにあります。



見極めるも大事ですが

嫌であっても入っていて経験できることは必ずあります!

音楽よりも恋愛してる場合も出てくるかもしれないですよ?

そうなったとしても、それはそれです。



やっぱり高校の軽音楽部ですからね。



学生生活ってやっぱり大切だと思います。





人生で無駄なことって無いのです。



さっきも書きましたが

無駄なことってかなり重要だったりします!



今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!



【スポンサーリンク】