元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【ギターパーツ】ESP トレモロトーンスプリング TYPE-2 レビュー

季節的にはなんでしょうが暑いですね〜



夏日ですね。



といえば
とっくに終わってるけど



英語スプリング



っていう前置きも今日でひとまず終わるのでご安心ください!(笑)





今日はESPのTYPE-2のスプリングです!

トレモロスプリングについて3日連続となりましたがお付き合いいただければなと思います。




【スポンサーリンク】



ESP TYPE-2

ESPのTYPE-2

TYPE-1と比較すると

スプリングそのものは太めです。

Fenderのデフォルトよりは柔らかい

Raw Vintageよりも少し固い、そんなスプリングです。




サウンド


僕は音色はTYPE-1の方が好みです。

歪んだ時の音は圧倒的にTYPE-1が好みです。



TYPE-2は

バランスが取れていて音の張り具合がRaw Vintageよりあります。
ちょっとパリっとしてるなと感じます。



高音域の出方はTYPE-1よりTYPE-2の方が良いと思います。



現在がデフォルトのスプリングで

変化を見てみたいと感じる方にオススメできるものかなと。





セッティング


僕は現在のセッティングは4本掛けにしています。

白いストラトに搭載しています。

トルクがある感じです。



アーミングのやりやすさ、使い心地は固すぎず、柔らかすぎずで心地よいかなと。



あと少しの期間ですが

真ん中をRaw Vintage、TYPE-2をハの字で2本

という組み合わせもしばらくやっていました。

KellySIMONZさんのツイッターで黒いストラトがそうなってたので試してみました。



まとめ



いかがでしたか?

TYPE-2についてはまだ使い込めてないのもあり、現時点での感じることを書きました。



・Raw Vintageよりも固めのスプリング
・音はTYPE-1と比べるとパリっとする印象
・アーミングのやりやすさは固すぎず柔らかすぎず心地よい



ストラトの裏バネについて

3日連続で書いてきました。



スプリングは2000円程で買えます。

ストラト使いの方は是非試してみてくださいね!



今日はこのへんで終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!


【スポンサーリンク】