元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【高校生活】携帯電話での色々面倒くさいこと

今日は高校生の頃にあったお話です。

携帯電話って恐らく高校生くらいから持ち始める人多いですよね?

(今は小学生でも持ってるけど)



僕は高校1年の時からでした。

携帯電話を持って嫌なことがあったのでその時のことを書きます。





【スポンサーリンク】



携帯電話を持つこと



僕は面倒くさがりでして

携帯電話をあまり持つ気にはならなかったです。



けど高校生、みんな持ってる携帯電話

なのに僕は

割とどーでも良かったんです(ズレてるかな)



やっぱりギターがあったので!

買ってもらったFender JAPANのストラトが嬉しかったのです!



とはいえ高校になると部活動がありました。
(すぐ幽霊部員になったけど)

帰りが遅くなる時とかの為に連絡を取らないといけません。

親としても心配ですしね。



僕は高校入学してもしばらく持ってなかったので、学校近くの公衆電話から家に電話していました(笑)





とはいえみんな携帯持ってるし

持っておくべきやろ?

ということから何となくではあったけど僕も持つことに。





メールの悲劇


さぁ、携帯電話を持ちました!

とりあえずクラスの話す数人とメールアドレスや電話番号を交換しますよね。



まぁ、そこまでは良かったんですよ




・・・





そこまではね!







けど何やアドレスを流されたりだとか?



その当時(2005年)

非常にくだらない、しょーもないなことする奴がおったんですねー



悪質イタズラです。



ある日のこと

画像が添付されてるメール

大量に送られてきました・・・



余裕で100は超えてました。

(当時の僕はパケホーダイではない)





設定も適当でほぼ初期設定のまま
(待ち受け画面だけ変えてた)



ということはどうなるのか?



全て添付画像も受信するので





使用料金ドッカーンと増えるわけです。



消すの大変でしたよ・・・



親からの説教



その当時、僕は親に携帯電話の料金を払ってもらっていました。



料金だけを見ると



僕が使いまくったってことになりますよね?



そんなことは置いておかれて

とりあえず説教が始まるわけです。



僕のせいじゃない!



と主張して事情を話したものの

その時はまともには聞いてくれませんでした。



じゃあもうこんなもんいらんわ!!!!



と言って僕は携帯の解約を言い出しました。



けど親としてはそうじゃなくて

携帯電話の料金が高いから抑えれば良いとのこと。



僕は被害者だと訴えたもののわかってくれたような半端な感じでした。







更に別の件で面倒なことも起きて





次の月もドッカーンと料金がいってしまう悲劇!





それからauショップに行きアドレスの拒否のやり方とかその他色々設定して事は収束しました。



その携帯電話の料金問題があって以降のこと



僕は学校外でバンドしてたのでメンバーとの連絡を取るのにメールしてたのですが



「メールなんてしょーもないもん辞めてしまえ!」



いきなり父親から何度か怒られました。



何だよチクショー!



って感じです。





そんなことが何度か続いてしまって

僕は真剣にムカついてしまいました。

(恐らく反抗期もあったのでしょうね)




僕のとった行動



怒りのボルテージが増していき

僕の取った行動





携帯電話の電源を切って家のリビングに置いておきました。





何をそこまで?と思うかもしれませんね。



あまりにムカついたのでそんな行動に出たのです。



そしてバンドメンバーとの連絡を取る方法は





家の固定電話です(笑)





普段メールでやり取りすることを



家の固定電話で話すというやり方です。





「メールなんてしょーもないもん辞めてしまえ!」

という父親の意見にしっかりと応えたんです。
(↑相当捻じ曲がり過ぎた僕)





それを1ヶ月ほど続けました(笑)



メンバーは携帯から電話してもらって

僕が家の固定電話から掛け直して話すのです。



そうすると家の固定電話の料金が上がるけどね



メールしてて注意されたならやむを得ん!という僕の考えです。
(これ自分で書いてて思うが相当ムカついてたのだろうし捻くれ者やな)





そもそも携帯の料金問題以降

僕は携帯電話の料金はしっかり確認して上がってないかを確認してました。



なので迷惑はかけてません。



家の電話にメンバーから連絡がきていた期間で、僕がメールで何のやりとりをしてるのかが親にもわかったのでしょう(笑)

それ以降親はメールしてても何も言わなくなりました。




当時のメンバーには迷惑かけてしまったけどね。
(なんせ電話したらうちの親が出てくる可能性も普通にあるんですから)





まとめ



携帯電話…僕には嫌な思い出しか無い。


あの時の怒りは今も忘れてない(笑)



怒られたことは改善すればいい。



メールして何度も怒られるのなら

改善して家の電話を使えばいい、そうすれば連絡は取れる、というのが僕なりの理屈でした(笑)

さすがに家の電話料金も上がってしまうということで

メールするな!とは言わざるを得なくしました。



携帯が無いと生きていけないというような高校生が多かった中


僕は携帯電話を家に置いて、無断で夜遅くに帰ったり。

いや〜相当捻くれてるというか極端なことやるな(笑)



親のことを考えれば申し訳ないことしたなと今は思えます。



携帯電話を持たせてもらうことは

責任を持つことにもなるんだなと思います。

自分で管理する。



僕は管理してなかったからね(笑)

そこは落ち度あるかもしれないが、そもそも知らんアドレスから大量にくだらんメール送って来る方が悪い。



当時の僕はギターさえあれば楽しかったんです。

携帯やメールだとか云々は置いといてギターだったんです。




今ではパケホーダイが普通でメールとか管理することも少ないでしょう。



今はもうLINEが主流ですしね。



ただね・・・







その時の僕は



携帯を持たない生活って楽だな

と感じました。



皆さんもたまには携帯を見ない日を設けてはいかがでしょうか?



最低限見るだけにするとか。



きっと気持ちの何かがスッキリするかなと思いますよ?



以上、今日は昔に起きた

携帯電話での面倒くさかったことを書きました。

いかがでしたか?



自分で書いてて思いますが本当に極端なことして(笑)



今日はこの辺で終わります!



読んでくれた方々、ありがとうございました!



【スポンサーリンク】