元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】大人数バンドでの面倒だったトラブル


もう8年前になるんですが

ボーカル
コーラス
ギター
ギター
キーボード
ベース
ドラム




という7人編成のバンドをしていました。



ちなみに平成生まれは僕のみ!


リーダーはドラムでした。



そのバンドで起きたトラブルは色々とありました。



けど大人数だからこそ

起きたことでもある。

結構稀な例なのかなと思います。


【スポンサーリンク】



曲を練習してこない


7人編成でメンバー全員がバンド経験者というわけではありません。

コーラス、キーボードは楽器は出来るがバンド経験無しの人でした。

意識の違いと言うべきか?



曲をスタジオ来てから練習してるという(笑)



「おい、そりゃあかんやろ!」

と言いたくなります。


それが原因でトラブルも何度か起きました。



どっちが弾くか問題


キーボードとコーラスは職業が同じ

2人ともピアノを弾ける人でした。

その2人の問題です。

女のイザコザって面倒でしかない



大阪のとある大きい会場でのライブを控えてました。

そこでのライブは

バンドセクションアコースティックセクションと予定していたのです。

そのアコースティックセクションでの

ピアノ伴奏をどっちが弾くかという問題で言い争いをしてました。



何故かその曲"A"(←曲名は会えて伏せます)を弾くのは"オイシイ"というんです。



あんたらが主役でもないし
オイシイも何もないのになーと思ってました。



それにコーラスも楽器をやりたいだの出しゃばらず自分の役割に徹してほしいもんです。

非常におかしな話でした。



僕は完全に主役を立てる側で裏方に徹してしっかりギターを弾く立場です。



なのでオイシイも何もありません。



バンドの一員ではあるけど
バックバンドみたいなもんです。



曲Aをどっちが弾くか問題はライブ直前まで言い争いは続いていて

最終的には曲Aをキーボードとコーラスが一緒に弾くという・・・

ライブ間近に深夜スタジオに入る(23時〜3時)ことになる。

みんなは車やタクシーで帰る。



僕は朝の始発電車の時間までスタジオで待つ。



何の罰ゲームやねん!



怒りが半端なかったのを覚えています。



深夜スタジオにまで入ったのに

曲Aの完成度は正直微妙でした。




本当にくだらないことでした。




その深夜スタジオの数日後、大きい会場でのライブでした。

曲Aのピアノ伴奏は本当にオイシイのかはわかりませんが

その曲Aを演奏したキーボードとコーラスはどうやらモテたようでして

キーボードはその後、ライブを見に来ていた人と男女の関係云々があったそうです。



【スポンサーリンク】



7人メンバーからの選抜3人ユニット



これは大人数バンドが解散にまで至った問題です。

7人メンバーのうち3人でアコースティックをやろうということに

ボーカル、ギター、ベース



この3人で面白いことが出来るのではないか?



ボーカルはと時々ピアニカ

僕はアコギ

ベースはここではカホンを担当。



コンセプトは楽しくやることですが

ボーカルのやりたいことをやる

そんなユニットでした。



なので楽譜無くとも耳コピやなんでもやろうとする僕と

そこに付いてくるノリの良いカホン



つまり相性はバッチリなのです!



ついでに言うとボーカルはかなりの美人だったのユニットとしてもかなり良い絵になるなと



大人数バンドとは別での活動でしたが

これを知ったリーダーは激怒したのです。



勝手なことするな!ということでしょう。



リーダーにとっては自分の知らないところでアコースティックユニットをやることが気に入らなかったのでしょう。



僕はバンドとは関係ないところだから好きにしても良いと思ってましたが・・・



リーダーの気持ち


リーダーの気持ちはわからないわけでもない。

自分の知らないところで勝手にユニットやりやがって!みたいな感じかな

その時は怒りのメールがきたりと…



気に入らなかったのもあるだろうが



それでもライブは決まってたし

自分らはやるぞ!という気持ちを通したんです。

そうしたが故に大人数バンドは自然消滅という名の解散となりました。



その後、そのトラブルで結束力が高まったアコースティックユニット1年半ほど活動しました。
(僕が関東へいくまで)



とてもノリの良いメンバーで、ボーカルのやりたい曲をやるユニットで楽しかったです。




まとめ


いかがでしたか?

今思うと大人数なのに皆スタジオの日程をしっかり空けてたのは素晴らしいと思います。

メンバーの欠席もほとんど無かったんです!



大人数バンドではそんななこともあるんだなと思ってもらえればと思います。

これも良い経験だな〜と僕自身とても勉強になりました!



今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!