元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【雑記】モチベーションを維持してまでやらなきゃいけないことは辞めるべき


タイトル通り!

モチベーション維持してまでやらなきゃいけないことは

辞めるべきだと今は思う。


辞めるは極端だと思うならば一旦力を抜いてみることです)



今日の内容はバンドしてた頃の自分に言いたいことです。




【スポンサーリンク】



モチベーション維持


自分でモチベーションを維持しなきゃいけない

そう思ってるのは

モチベーションが下がっているからです。

維持するというのは

もうそれ以上は上がらないと言ってる様にも見えます。



そもそもモチベーション維持を考えるならば

それはやりたいことではないのでは?

と思います。



無理してるならば


自分がやりたいこと、楽しいと感じてることはありますか?



そこへ目を向けてください!



無理してるならば今取り組んでる物には意欲はなくて


気持ちが高まること、楽しいことに目を向けるべきなんです!




気持ちはどうか


フッと力を抜くとかしてみるのはどうでしょうか?

何かがになるかなと



周りとのこともある…そう考えるのもわかります。



わかりますが自分のためにも力を抜いてみると良いと思います。



自分は一体何してるんだろうか?
と落ち着いて考え直してみるとそれまで見えなかったことが見えてきます。


【スポンサーリンク】




まとめ


今日書いてきた内容

過去のバンドマンであった頃の自分に言ってやりたい内容です(笑)



僕は音楽の経験積んでいくためにも
バンド活動は大切だ!という考えでした。



バンドでしか得られない経験値を知ってましたし

ライブでしか得られない経験値があるのも知っていた。



それらを知ってたからこそ続けてたんです。



2014年にバンド辞めること決意して活動減らして

2015年にはモチベーション維持は無理しつつ(半ば意地?)やってました。



本音はというと

「もう嫌だ…こんなん楽しくない…スタジオ行きたくない…しんどい…けどもう少しの辛抱…」

ってくらいでした。
(↑これどんな状況やねんって?)



ライブの数週間前
「スタジオもあと一回だけ…あとはライブで終わりなんや…」



ライブ当日
「これで終わり…この辛さから解放されるんや…」



ライブ終了後
「終わったぁーーー!!!!」





こんな状況でした。

そうなる前に

「もう無理すんなよ」と自分に言ってやりたいです(笑)


色々抱え込み過ぎて疲れてたんです。





これが僕のバンドマンであった頃の最後でした。





無理してモチベーションを維持するは自分にとっても良くないし

本当は維持するのが辛いと感じてる。
そんな自分の立ち振る舞いが、周りに返って良くない影響を与える可能性もあるんです。


今後はこんなことにならないように気をつけたいです。




今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!