元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【ギター練習】理論は勉強すべきかどうか?理論との向き合い方

ギターやってると



理論にぶつかる事はないでしょうか?



今日は理論についての個人的な考えを書きます。



・理論は知るべきだ!
・理論は要らない!感性だ!
・今理論を勉強してる。




そんな方々にとっての参考になれば幸いです。




【スポンサーリンク】



理論について


ギターやってるといずれ理論にぶつかるかなと思います。
(上達を求めてるなら特に)



結論を言ってしまえば

理論は知ってても知らなくても良いと僕は考えています。



理論云々より、まずは弾くことが大切とも考えるからです。



知るべきかどうか


僕はコピーバンドが大半でしたが、コピーオンリーだとしても理論は少し知っておいておいた方が良いと考えます。



・ダイアトニックコード
・メジャー、マイナースケール
・ペンタトニック



等は知っておくと良いかなと。



知ってるとコピーするときも


キーが分かったり、スケールが見えてきたりするからです。



コピーするならバンドスコア通り弾けば問題ないといえばそうですが



理論を知ってると曲を弾くのも掴みやすくなって

自然と弾きやすくなると思ってます。




自分の場合


僕はギターレッスンに通っているときに

先生からスケールについては学びました。



そこからは自分で色々弾いてみたりして広げていきました。



マイナーペンタってどいうことだろう?

ってことから考えてみたり。

メジャーマイナーも知ってダイアトニックを知ったという感じです。



先生から学んだことが難しくても

一つ一つ音を五線譜に書いたりして、自分がわかるようになるまで詰めていきました。



教えてもらったことは右から左になることが多いです。



教えてもらったことについて

真剣に考えて理解すれば自分の身につきます。



勉強の仕方


レッスンに通っていない場合

市販の教則本等から学ぶ形になるかと思います。



完全にゼロからの場合はまずネット検索してみると良いです。


・ダイアトニックコードについて

・マイナーペンタについて

・メジャーペンタについて

・ハーモニックマイナーについて

・ホールトーンスケールについて

他も色々出てきます。



YouTubeならもっと沢山あるでしょう。



僕はYouTubeでの動画を見て理論について理解した箇所もあります。

教則本、ネットの解説、YouTube等の情報を組み合わせて勉強していくと良いと思います。



【スポンサーリンク】




まとめ


理論は知っておくに越したことはないですが、知っていると演奏には有利。



僕個人としては

理論は知っておいた方が良いと考えます。



知識があれば知恵がつくと思うからです。



今やネット社会

もう情報で溢れています。



「この情報は?ん?」
疑問に思う内容も出てきます。



正しいか、間違いか?



終わりは無いにしても…

間違いがわかるまで知識を取り入れていきたいです。



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!