元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【雑記】家を買うか?賃貸か?について思うこと


今日は家を買うことについて自分の思っていることを書きます。



不思議なことに



日本人ってものすごーく



持ち家信仰がとても強いです。



信仰なのでどうしようも出来ない領域ですね。





これは世間で議論され続けてる問題でもあります。


完全に個人的な目線から書いていきます。




【スポンサーリンク】




持ち家か賃貸か


この議論はずーっと続いてるんでしょうね。

買ったのならローンは払い続けないとダメですし

あと住み続けないとダメです。



買ったものの転勤になってしまったから引っ越さないといけない



けどローンだけはたっぷり残ってしまった

なんてこともあります。



家を買う時に人生を考える

と言いますが・・・



どこまで考えてますか?



ローン払い終わった頃に残るのは


35年経った古い家です。



最後は誰が継ぐの?

買うならばそこまで考えて買わないとダメです。



自分が死んだらそれで終わりやからな

っていうのでは後々に迷惑なだけです。

子どもに、身内に家という負債が残るだけです。


家賃を払い続けても何も残らない



家賃は払っても何も残らない

確かにそれはわからなくもないです。



ただ何も残らないっていうのはメリットにも捉えることが出来ると思うんです。



家という負債が残らない。



つまりは身軽ということです。





子どもに継がせるにしても古い家は負債でしかなくなる

もし子どもが自立して出て行ってしまってたらどうでしょう?

自分が死んでしまったら強制的に子どもが継がないといけなくなる

可哀想じゃないですか?



なので家は利用価値はあっても

資産価値という意味ではとても難しいと思います。

(関東では武蔵小杉あたりとかは価値は大きく上がってるだろうな)




月々いくらか?ではない



不動産屋は買ってもらうための常套句として

月々の家賃と見比べて下さい

っていうのがあります。








「月々それだけ払ってるなら買えますよ!」










って言うんですね(笑)




確かにそれは言えてるんですが・・・



いつから払い初めて、いつ払い終わるか



これはとても重要です!



とりあえず月々これだけってのしか見てないんですよ!


あとは金利が変動した時のことや

収入が無くなって払えなくなった時のこと


収入が大きく減ってしまったときのこと



不動産屋はそれらを考慮してるわけではありません。




不動産屋はこんなこと言う可能性があります。



これから昇進もされてお給料も上がっていくでしょう。




その時に繰り上げ返済していきましょう





残った場合は退職金で払えばいいです。





恐らくお客さんは気持ちいいでしょうね。

そこからその時の勢いで買ってしまうこともあるかもしれません。



冷静になってみると



そんなこと誰が保証するの?



って思いませんか?





年功序列、終身雇用、年金



これらが保証されているのならば良いかもしれません。



高度経済成長期の頃なら普通だったでしょう。



けど今はそんな時代ではありません



自分たちの老後はどうなってるのだろうか…





今の日本には不安しかありませんね。



【スポンサーリンク】




まとめ



家さえあれば何とかなる!と思ってる方はいないでしょうか?


僕はそれも日本人信仰だと思ってます。



決してそれが間違いとまでは言いません。


住みたい場所が賃貸物件がほとんど無いところならば買うしかない



場合によっては建てるしかない場合もあります。



住み続けて最後どうするのか?というプランが立てれているならば、家を買うという選択肢はアリです。



そうでなかったら

家を買うという選択肢は要検討です。





少子化もあるし

これから日本には空き家が増えていくでしょう。



不動産価値の暴落について

2020〜2022年に起きてきますよ?



家を買いたい人にとってはそこは大きなチャンスかもしれませんね。



家を買うことを否定してる様に見えるかもしれませんが


決してそういうつもりは無いです。





家賃払っても何も残らないから
・家さえあれば何とかなる
・ローン組むためにも早いうちに買っておいた方が良い

などという考え方で買うのは



非常にマズイです。



ローン払い終わる頃には古い家が残るだけ。



家は資産ではなく



使い捨てるくらいの気持ちで居るのが良いのかもしれません。





今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!