元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【機材】FREE THE TONE CP-416DC レビュー


今日はエフェクターに使うDCケーブルについて書きます。

一本数百円からのものもありますが

僕個人としてこれがオススメだという物をご紹介します。



今日は僕がメインのエフェクターボードで愛用しているDCケーブル



FREE THE TONE CP-416DCについて書きます。





DCケーブルで一本1000円くらいするものではありますが



このDCケーブルは使ってみると

音の違いを感じました。





このDCケーブルが気になっている方のご参考になれば幸いです!




【スポンサーリンク】




CU-416が使われている



CU-416というのは


FREE THE TONE

ソルダーレスケーブルで使っている、シールドにしてはかなり細いケーブルです。



あのケーブルがDCケーブルになっているのです。

ソルダーレスケーブルの良さを知ってる方ならば



あのケーブルがDCケーブルに?



と思うだけでそれは良い製品だ!と思う方もいるのではないか?と思います。



サウンド


CU-416を使ったケーブル


CP-416DC



そのサウンドはというと



さすがFREE THE TONEです。



音質は一味違います



それまで使っていた適当なDCケーブル
(某パワーサプライの付属、数百円のやつとか)
とは違います。



ノイズが減って、レンジが広がりました



自宅でも少し体感出来ますが

スタジオではその違いはかなり感じました



「あぁ…こんなに違うんや」



そう思ってメインのエフェクターボードのDCケーブルは全てCP-416DCに統一しました(笑)



値段はするけど、そのサウンドには納得しました!



落ち着いた大人の音と感じました。



使い勝手



CU-416の構造がシールドケーブルなのもあって

それまで使ってた適当なDCケーブルと比べてしまうと取り回しとかは少しやりにくい気はします。


ただケーブルそのものが頑丈ですし、安心感はあります。



配線がシールド構造で、普通のDCよりも太いですから。




まとめ


ケーブルの抵抗値が低いから、パワーサプライからの送電ロスが低い。



エフェクターの真の力を引き出すケーブルです。



音質向上間違いなしです!



今あるエフェクターの真の力を引き出したい!

と思う方にはオススメできるDCケーブルです。





また別のDCケーブルについて書こうかな。
(次はオヤイデかも)


今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!