元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】ギター人生って何だろう?

今日は当ブログ名、元バンドマンのギター人生


ギター人生について書きます。



元バンドマンっていうのは

今は1人のRyuというギタリストとして居続けるという気持ちを込めてます。

固定のバンドに加入はしないギターサポートやライブの依頼等あれば参加するという気持ちを込めています。



さて、その後のギター人生と書いてる時点で

とりあえずギターが好きなんだな〜というのは伝わると思います。



それは確かにそうなんですが・・・



このギター人生にも意味や覚悟という面も含めているつもりです。



【スポンサーリンク】



なぜギター人生なのか?

バンドは辞めたけど

ギターは辞めない!という気持ちがあります。

ギターが好きでギターを始めた




バンドをやりたくてギターを始めたわけではありません



ギターさえあれば僕の人生は楽しいです。


ギター弾く、寝る、これが出来たら幸せなんです!




バンドでステージに立ってライブすること

もちろんそれも好きですが

どちらかというとバンドやライブ以前に


ギター弾くことが楽しいのです。



ギターを上手くなりたいという気持ちだけでやっています。


上達を感じなくても練習してるのが楽しいんです。



あとは機材を買って使ってみたり、スタジオで実験的に色々試したり


そうして音を追求するのも好きなんです!

(デジマート地下実験室とか、凄い好きでした)




ギタープレーヤーとして


プレーヤーとしては自分の好きなギタリストのように


あらゆるジャンルを難無く弾くこと


これは大きな目標です。



ある時はバンド形式だったり

ある時はセッションバーで弾いてたり

ある時はシンガーソングライターのバック演奏だったり



あらゆるところで活躍できるプレーヤーになるのが究極の理想です。



その為にもギターは弾き続けるのです。

機材関係にしても出来る限り突き詰めていきたいのです。



そんな僕には

ギター人生ってのがピッタリ合うのでは?と思ったのです。


【スポンサーリンク】



まとめ



元バンドマンのギター人生の意味


●元バンドマン
→固定のバンドには加入せずセッション、ギターサポートを中心に活動

●ギター人生
→自分の演奏や音について突き詰めていく



バンド辞めてもギター続けてる人は沢山いると思います。


バンドの為にギター始めた人は目的が無いまま弾くのは意味がないという人も居ます。

それから自然と楽器から、音楽からも離れていく人も多いです。

そこはどれだけ好きかの度合いですね。



今日はこの辺で終わります。


読んでくれた方々、ありがとうございました!