元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【機材】GUILD F-30


今日はGUILDアコースティックギターについてです。

F-30というタイプ



このギターは父親から譲り受けたものです。



何よりもこのギターはビンテージです。



ポールサイモンモデルのアコースティックギターです。



凄い綺麗な音するんですよ!



アコギも自分で買おうと思ったけど

このF-30の音やっぱり好きでして



自分でアコギは買わずでした。





アコースティックユニットをする時はいつもこのギターをメインで使いました。
(サブにはヤマハのエレアコでしたが、それは父親のやつ)




【スポンサーリンク】




F-30


今やこのタイプはどこにも置いてないのかな

中古市場で見るくらい

当時は新品が20万円近くしたらしいです。

今でも15万とかで販売されてる模様。



サウンド


乾いた音がするんです


木材は何なのかは記載は無くて

マホガニーっぽい?



使い勝手

ネック周りも良い感じです。

使いやすいんですよ!

弾いてて身体にフィットする感じが気に入っております。




気に入ってるところ

ボディが絞ってる形なので

身体にフィットして違和感が無いところです。

普通のタイプのだったら弾いてて痛くなることもあるんです。

それがダメってわけでは無いけど



普通のボディの大きいアコギでも弾くのは問題ありません。

ただその後にこのF-30を弾いた時のフィット感ときたら

他には無い素晴らしく気に入ってるところです。


まとめ


父親から譲り受けたアコギ

GUILD F-30について書きました。



アコギは絶対これだ!と僕は決めてます。



もうかなり古いギターです。

製造は1970年代のはず

オールドギターです。



父親からは「それ使うのか?」と半分驚かれたりもしました(笑)



僕は何よりもこのギターのが気に入ったし弾き心地も本当に気に入ったのです。



文句なしのギターなのです。



・乾いたサウンド
・1978年くらいにつくられたビンテージ
・身体にフィットして違和感なく弾きやすい


オールドサウンドが好きなのもあるし

このギターは僕にとってはかなり良いです。



今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!