元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】あいつよりも自分の方が上手いはずなのになんであいつが!?という嫉妬、妬みはやめよう。


今日は少しデリケートなところかな?


タイトル通りの内容です。



恥ずかしながら僕は高校生の頃に

そういう嫉妬や妬みを持ったことありました。


「なんでやろか…?」


っていうモヤモヤもありつつ(笑)



まぁそれも今や恥ずかしいことでもあるけど良い思い出です。



その頃は孤独だったんですよ(悲)



【スポンサーリンク】




嫉妬心が生まれるのは仕方がない


人間である以上、それは仕方ないと思うんです。

羨ましいという気持ちは出てくるでしょう

そこから「何であいつはこうで自分は…」ってことが起きてしまう

それは誰しもあることです。

(犬や猫の動物でもあるし、人なら赤ちゃんであってもあることですからね)



嫉妬心は自身の向上に向けよう


音楽活動においての嫉妬

同情する人同士で徒党を組んで批判する



なんてこともあるかなと

けどそれはやっても意味がないと思います。



妬む者同士で仲良くなっても虚しいだけです。



それならば

自身の練習に向けていくべきです。

羨む気持ち、嫉妬、悔しさ

それらをバネにして頑張っていく方が圧倒的に良いです。



批判されてもそれはそれ



上手いと言われてた人が


ある人からは全然ダメだ!なんて言われても気にする必要ないんです。



貶す側もダメなことですし、そこに反論したりする必要もありません





同じことをしても人が違えば見え方が違う



同じ楽曲のコピーをしても

見え方は全然違います

上手いからどうってわけではない



実力があればいいわけでなくて

その人の持つ雰囲気や空気感だってある。


衣装、パフォーマンスによっても見え方は違ってきます。




自分はこうだ!と貫く



自分はこうだ!と貫いていれば

求める人は少なくても必要としてくれる人って案外居るんですよ



その必要としてくれる人達のためにも



自分はこうだ!と貫いて日々自分を磨いていくべきです。


【スポンサーリンク】




まとめ





嫉妬心から生まれる力は自分自身の向上に向けよう!






みんな違って当然なんです。



気にすることはありません。







自分の方が上手いのになぜあいつは人気あるんだろ?



とかは





気にする必要はありません!



今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!