元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】コーラスをやりたがらない人へのアドバイスを書いてみる

はじめに言っておきます。



僕は歌がめちゃくちゃヘタクソでした。

今も下手ではあるけど、昔よりかはマシなくらいです(多分やけどね)



僕は高校生の頃は


歌えてない、音外してる、腹から声出てない


と言われていました。

歌ヘタコンテストナンバーワンになれたと思うような高校生でした!



そんな僕がなんとギターボーカルでライブするというとてつもない黒歴史があります。



下手とわかってたけど何故やったのか?


「やってみることに意味がある」と考えたからです。


下手とわかりながらギターボーカルをやったなんてアホか?と思うでしょう。



何とでも言ってもらって結構です。



下手でもね・・・



変わるキッカケあればガラッと変わるんです。




【スポンサーリンク】




下手でもやってみること



僕は黒歴史でしか無いものの



結果的にはやってみて良かったんです(笑)


少なくとも高校卒業後のバンド活動に大いに役立ちましたね。



挑戦しないのは無難でいいかもしれないです。


けど挑戦せずに終わるのはどうなん?と思います。

そういう人、結構居ました。

僕はいつも「ええからやってみろよ!」と思っております(笑)



コピーバンドでアーティストが

ギターで、ベースでコーラスもやるなら


そこまでコピーしましょうよ!


と思ってます。



コーラスのこと


バンドでコーラスをやりたがらない人

自分は下手だからと拒否する人



結構居ました!



「何でそんなに拒否するねん!」って思っておりました。



ド下手な僕が恥を捨てて(←というか恥知らず)コーラスやってたんですよ。



挑戦しよう!


僕はラルクコピーをやってきた中ではコーラスは色々とやりました!

ベーシストがコーラスやらない時とかは

何も言われずとも僕が普通にコーラスやってました(笑)


知ってる人は知っている、僕はいばらの涙やwinter fallのコーラスもギター弾きながら普通にやってたりします。



トコトンやるか?


僕は下手ながらもギターボーカルもやったしコーラスもやりました。

もちろんド下手だとか、イタイ奴とか散々陰口だったり直接だったり散々言われてました。(主に高校軽音楽部時代)



ただそうしてバカにしてた奴らに当時の僕は何も言い返さないけどこう思ってました。


「お前らどうせ音楽はこれから先もトコトンやらんやろ?」




所詮は部活で楽しむ程度でしかなかったと思うんです。


陰口叩いたり何だのしてみんなで仲良くワイワイするのが楽しくてやってる人たち



僕は高校時代でかいてでも経験積んで、その後のバンド活動へ役立てることが出来ました


バカにしてくる人らに対しては


「お前らそこまでやる気ないやろ?」と思ってました。



少なくとも僕が無謀ながらも挑戦して経験値は積めてたはず



考え方違うからこんな話は通じないんでしょうが(笑)



下手なりにもトコトンやってみようと


やっといて良かったです。



その超ド下手時代の音源があれば良いんですが、その当時は音源なし・・・



まとめ


今では

ギターもそれだけ出来る上にコーラスもやるなんて….

と言われたこともあります。



そんな僕も昔は悪口も言われまくりで散々でした(笑)



昔は叩かれまくりでも、今ではそれだけ評価してくださる方々もいるんです。



そんなことが出来るのも恥晒しの歌やコーラスを経験したからだと考えてます(笑)




バンドでコーラスやること拒否してる方




まずはやってみましょう!




下手でも下手なりにやればいい



新たな何かを見つけることが出来るかもしれませんよ?



今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!