元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】ギタリストでコーラスが下手だけど、コーラスあわよくば歌も上手くなりたい方へ。自分の取り組んだことを紹介!


先日の記事で僕はとても歌が下手だったと書きました。



今はどうなのか?と言われても上手いわけでもなく



少なくとも昔よりかはマシになってると思っています(笑)





さて、歌が下手だった僕が

マシなレベルになったのにもキッカケがあります。



その時のことを紹介します。




【スポンサーリンク】




ド下手からマシへの道のり



歌がド下手であった僕





とりあえずマシになったな

ってくらいにしたかったのです。



聞いて「ヘタクソやな」と言われるのはもう勘弁でした(笑)



そもそも何故下手だったのか?



僕は腹から声を出すということを理解してなかったんですね。



小学校の頃は先生からお前の歌がダメだ、ヘタクソと言われてました。


けど腹から声を出すという意味がイマイチわからずどうすればいいのか?と少しは悩みました。
(怒られるの嫌やったからね)



取り組んだこと


ド下手な僕がやることは聞くことより

まずやってみることです。



自分が見てこの人は上手いと思う人の真似をすることにしたのです。



当時はblanc-et-noir

ボーカルのショーゴ君の真似をすることから始めました。

そこをベーシックにして・・・



SECOND SIGHTのYUTAKA君
(高校時代特に好きだった同い年のバンド)

B'Asc-ket-Shoesの悠さん

ラル倶楽部のmamoruさん

the CHRONOSというバンドのyazukaさん

という感じで色々と真似して練習しました。



とりあえず歌が上手い人の真似から入ったのです。



その効果は?


少なくともマシにはなったと思っております。



高いところは出てないけど(笑)



メンバーに上手いボーカルが居たのは大きいですね。

その後のVAMPSコピーのボーカルも上手い奴だったので

そこから学べたこともあるかなと。



録音して聞いてみると


少なくとも高校時代よりかはよくなったと思ってます。

知り合い何人かにも聞いてもらいました。

僕が歌うラルクのHONEYを聞いてもらうと


「高いところは出きってないけど普通には歌えてるね」


というコメント。

"普通には歌えてる"ってのは僕には有難いコメントでした。



下手ながらもメンバーから歌い方等を盗んだ結果かなと思ってます。



大学時代は良いボーカルと一緒にバンド出来てたことが多かったですし、本当に良いメンバーに恵まれてたなと思います。



まとめ


僕は歌がド下手でしたが、普通に聴いてられる感じにはなれたのかなと思っています。

↑自分で言うなやってか?(笑)



上手い人の元で演奏してると自然と歌も身に付いてくるのかなと。



僕は大学時代に会ったバンドメンバーが居たからこそ、自分の歌がまだ聴いてられるマシなレベルになれたと思ってます。



良いメンバーとの出会いが自分を変えるんです!







今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!