元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】自分はバンドに向いていないと気付いた時


僕はバンドに向いていないのでは?と思った時がありました。

そう感じたのは20歳の冬でした。

その当時僕は月に1〜2回のペースライブをしていて、本当に休む暇もなく曲を覚えていた時でした。



2010年のライブは17回やりました。



バンド活動を一番やりまくった時です!



その頃は楽しさもありつつ、何処かでは疲れも感じつつ・・・(笑)



けどすごい充実してたなと思う。



まさに音楽漬けでした!


【スポンサーリンク】




20歳の日々

力を入れていたバンドblanc-et-noirが解散してしまい今後どうしようか迷った時です。

迷っているうちは続ける!と決めて休む間なく次へと向かいました!



そこから待ち受けていたのはまさに

音楽漬けの日々でした。



ライブが毎月、スタジオも頻繁


3月からライブは毎月やっていました。
(ライブ2DAYSもありました)

スタジオも毎週くらいあった気がする。

その中でライブもある

曲の練習もしないといけない。



疲れとストレス


最初は楽しさもあったし新たに覚える曲も新鮮でした!



やりがいもありました!



その反面疲れも感じ始めたし、自分のやりたい練習が出来てないなと感じ始めた。

色々とモヤモヤし始めたんです。



バンドは向いてないと感じた


その頃は機材も色々と買っていました。

今も愛用してるProvidence製品です。

スタジオで鳴らしてみて好きなフレーズ弾いてみたり、アンプを色々試してる時がありました。

その時が凄く楽しいなと思ったんです。



ただ近所のスタジオに入ってギター弾いてるっていうだけです。



バンドのスタジオのことも考えなくていい



ただ好きにギターを弾く時間



もしかすると自分はバンドに向いてないのかな?と思い始めたのです。



別にその時のバンドが楽しくなかったわけではないです。
ただ純粋にそうしてる時間が楽しいなと。



今思えば自分のやりたいことはその頃から

バンドではなく好きにギター弾きたいと感じてたのかなと思います。



自分の弾きたいギターが出来るバンドでギター弾く



そういう意味ではその当時は出来てなかったかもしれない。



その時はアコースティックユニットでのライブを控えてました。

そのスタジオも楽しかったんです。

気楽に楽しく出来てたから(笑)



楽しい時間は大切にしましょう!



まとめ


音楽はやってて楽しくないとダメだ!



自分はギター弾くことが楽しいと思える人間で

バンドには向いてないかもしれないなと感じつつもこの後もバンドは続けてました(笑)




バンドに向いてなくても

その時は腹の底から嫌だとは感じてなかったからね。





今日はこの辺で終わります。



読んでくれた方々、ありがとうございました!