元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【機材】Providence SP602 スピーカーケーブルレビュー


アンプヘッドからキャビネットへのケーブル

スピーカーケーブル

ギター

シールド

エフェクター

アンプ

キャビネット

の音が出る最終段のところのケーブルです。



僕はいくつかのレビューを書きました。

信頼を置いてるFREE THE TONEは既に書きました。

もう一つ、僕がとても信頼を置いてるメーカー



Providenceです。

Providenceのスピーカーケーブル

SP602についてのレビューです!


【スポンサーリンク】


SP602スピーカーケーブル

Providenceからもスピーカーケーブルあったことを知りまして

取り寄せてもらいました!
(それまでスピーカーケーブルに目を向けてなかったので)

Providenceっていうと

シールド
エフェクター
スイッチャー

のイメージが強いです。

スピーカーケーブルは少しマニアックかな?
(そもそもマニアックなのかも)

アンプの裏のケーブルですからね。

僕もここ3年くらいで更に注目したところです。



ロック向きのサウンド

ホームページの記載には

SP602はロックのオイシイサウンドを出してくれるとのこと



ロックを中心に演奏する僕にはピッタリです!



それにしても太いケーブルです!




サウンド


いざ接続して鳴らしてみました!

そのサウンドはProvidence、さすがです!



これは唯一無二です。



8470を基準としてる僕にとっては


8470の輪郭を更にはっきりさせて、プレゼンスをいい具合に上げたかのような音



単純に歪みの音色が良くなります。

ロックを演奏する方には本当にマッチするでしょう!


そのまま素直に伝達というより

ロックのオイシイ音色を強調していて、謳い文句の通り納得します。


中域に艶が出ます。



アンプの音を生かす音作りで役立つスピーカーケーブルと考えてます。

エフェクターを多用するスタイルより


アンプの音を活かしたい人にオススメです。


まとめ

僕はBelden8470を一番長く使ってきました。


その理由は歪みの音色が好みだったからです。

8470はロック向きのケーブルだ!と納得して長く使ってきました。
(Beldenはそういう記載はしてないです、僕の体感ではロック向きと感じてるのです。)


それを超えてます。
さすが!SP602ロック向きと言ってるだけありますね。



スタジオのマーシャルのスピーカーケーブルをこれに変えれば


僕のお気に入りの音になる!


ロックを演奏する方、このSP602を持ってみてはどうでしょうか?

価格はそれなりにしますし、試奏できるお店もほとんど少ないでしょうけどオススメできるケーブルです!



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!