元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【機材】Gibson ストラップ SLING SHOT レビュー


今日もギターストラップのお話です


Gibsonのやつです!

Flying V用です!



GibsonのFlying Vのストラップがですね〜


これだ!っていうのがなかなか見つからず何年も悩んでました。



そして5年越しくらいで見つかったのがこれです。

SLING SHOTという物です!



【スポンサーリンク】



ストラップへの拘り

前回のFERNANDESの革ストラップの記事を見た方は


僕のストラップへの拘りは見えたことでしょう(笑)


kenさんへの凄い執着心も見えましたよね?


Gibson Flying Vに


このストラップはGibson Flying Vに付けるやつです。

実はFlying Vを買った後、ずーっとストラップはナイロンの1000円のやつでした。



けどナイロンのは滑るし使いにくくてね(笑)


探し続けている中でGibsonのストラップがあるのを知りまして

良いデザインを探している中でこれだ!ってのを見つけたのです!

それがSLING SHOTなんです!


革製

譲れない拘り



革製です!



ここは譲れない!



やっぱり滑らないって良いですよ!



滑るのはMCだけにしておきたいです



革製だとやっぱり滑らず安定しますからね!


このストラップは身長高い人なら大丈夫でしょう。

僕は165センチあたりなので

少しギターが下にいきます。



上手く説明できないので割愛しますが伸縮するんです



デザインは気に入ってるけど



唯一そこが失敗したかな〜ってところです。



僕にとってはギターの位置調整が微妙ってくらいでそれ以外は文句無しです!



まとめ


ナイロンのストラップは調整しやすいけど

革製は時々厄介になります。


GibsonのSLING SHOTは見た目、デザイン、価格で買いました。


僕は身長が低いので(悲)

このストラップやと調整してもギターの位置が少し低くなってしまう。

身長が高い人は問題ないでしょう。


身長だけに慎重に選びましょう!





(笑)





革製滑らない良いストラップですから!



僕は滑ってません!(笑)





今日はこの辺で終わります。


読んでくれた方々、ありがとうございました!