元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【機材】Cry Baby mini ワウペダル レビュー


これは出たとき

僕にはかなりの衝撃でした!

ワウペダルがこんなに小さいですと!?

ワウペダルというのは

いつもボードの場所取ってくるやつです。

「ここにワウがくるから…残りはこれくらいのスペースで…」

とボードを買うときは大きさを考えさせられるのがワウペダルなのです。


あぁーっ!ワウが入らんー!と買って失敗した経験者です(笑)



そんなワウペダルが小さいですと!?(2回目)

しかもワウペダルといえば
必ず名前が上がる!
Cry Babyとなりゃ…

買うでしょーーー!




【スポンサーリンク】



CRY BABY mini

小さいワウペダルは他のメーカーから出てきつつあった時

まさかこ本家というか

ワウペダルといえば!

なメーカーから出されたのなら気になりますね。


サウンド

小さいけどサウンドはしっかりしてます。

普通にCry Babyです!

Cry Babyは試奏のみでしたがキツいエグさというか

そこは本物です!



使い勝手

軽くて小さいのはいいですね!

助かります!

BOSS等の普通のコンパクトサイズなワウですから!

持ち運ぶのもです!

普通のワウを使ってる人はかなり楽になるでしょう!

踏み心地

僕はサブのボードにCry Baby miniを入れてますが

慣れるまではキツいですね〜

いつもの踏み心地ではないのです。
(そりゃ小さいからね)



コツとしては踵で踏むのが良いです。

可変幅も普通のワウより広いです。


ワウを多用する人にとっては

慣れるまではやりにくいでしょう


僕は多様はしませんが、ずーっとVOX使ってて、普通の大きさのワウで慣れてたので最初はなかなか慣れずでした(笑)
いきなりスタジオで使うと、あ、あれ?ってなる。

裏のスイッチはサウンド変化というよりレンジの変化です。

僕は普通にGCBモードにしています。


まとめ

Cry Baby mini価格もお手頃です!

長年いつものワウを使ってる方にはちょっと慣れないでしょう。

コンパクトなサイズで軽量
・踏むコツは
・サウンドは普通にCry Baby
いつもの踏み心地を求めてはいけない

小さくて軽いので、ワウペダルを買ってみようかな?と初めての方も手を出しやすいと思います。



気になった方、試してみてくださいね!



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!