元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【機材】Pearl ADP-30 レビュー

今日はドラムの機材について書きます!





え?何故ドラム?




と思った方!



何故かと言いますと・・・



僕はL'Arc-en-Cielkenさんが好きです。



同時にパートチェンジバンドも好きなわけで

P'UNK-EN-CIELKEN P'UNKも好きなのです!
(単純にkenが好きってことです)



なので!



ドラムもやります!



自分がドラムでライブもしたことあります!(完全に黒歴史やけど)



とはいえドラムをやるためにスタジオへ行くってのは全然やらず…

やっぱりギターが大好きですからね。



全然叩けないけれど


ドラマーとのトークはそれなりに出来た経験もあります(笑)



今日は僕が買ったドラムのジョイントについて書きます!
(ハードオフで買ったやつ)


【スポンサーリンク】



Pearl ADP-30

ドラムのタムを外して

別スタンドでタムを立てる為の物です。



僕はシンバルスタンドにタムを付けて、上にスプラッシュを付けるという形にします。



タムを別で立てる理由

昔のバンドメンバーの影響です。



おぉ!この形これかっこいいな!



っていうのがキッカケです。


そこからドラムセットに興味を持つようになりまして・・・



KEN P'UNKのドラムセット

タム2つがスタンドに立ててある!
フロアも2つだったかな


と知りまして



とりあえず叩くときはこうして気分を上げようという…



完全に形から入ってます(笑)


所持しているけれど


実際このジョイントを持ってるけれど

貸すことの方が多かったです(笑)



VAMPSコピーやってる時

普段のスタジオでこのジョイントを
ドラマーに貸してました!
(スタンドはスタジオで借りて、ジョイントを僕が持っていくという)

もちろんタムスタンドも立てて準備を手伝っていました!
(ちなみにチューニングキーもよく貸してました)


まるでスタッフ


いつも自身のバンドのドラマーの手伝いをしてから自分の準備をしてました(笑)



もうスタッフです!(笑)



実際のところ、タムスタンド立てたりする時って準備も時間かかります。



メンバーも手伝うべきと考えてます!





ドラマーは座っておいてもらって、シンバル、タムの設置はある程度の位置に置いてもらい、微調整するくらいがちょうど良いと考えてます



まとめ


タムスタンド立てるスタイル

僕はあの形が好きです。

ライドの位置も右前にある方が好きです。



色々書きましたが


僕はドラムはまだまだ初心者以下です。


リズムも甘いし…ハシるし…(笑)



バンドするわけでないけど

ドラムは叩けるようになりたいんです!



けど実際はスタジオ行くならばギター弾きたいからとドラムを叩くために入ることは全然無いと(笑)



ドラムも叩けるようになりたい!

少しずつドラムもやっていこうと思う割に

やっぱりギター弾いてしまうんですよ(笑)




ギター人生ですから!




今日はこの辺で終わります!


読んでくれた方々、ありがとうございました!