元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】アコースティックユニットをやってたときの話


大人数(7人編成)バンドから3人で組んだアコースティックユニットのお話




今思えば・・・



あんな面白くてノリのいいメンバー居ないな〜と思います(笑)



メンバーは僕の5歳上の方々でした。

女性ボーカル、アコギの僕、カホンを担当するベース



これが本当にノリが良くて(笑)

正直、あんなメンバーってこれから先も居ないなと思います。

特に人間関係にも迷うことなく
(大人数バンドのリーダーとは色々あったが)


純粋に音楽を楽しめましたね。



何の利害関係もなく

本当に音楽を、ユニットを楽しめました!




【スポンサーリンク】



絵になるユニット

ボーカル、アコギ、カホン

アコースティックの絵になるユニットでしたね!

カホンは元々ベースですが

そこはノリもあったのかわからんが、カホンやってくれることに。

大人数バンドから出来たフットワーク軽いアコースティックユニット

面白そうなイベントに出たり

ライブしよう!って言ってすぐライブ決めたりしてね(笑)



方針としてはボーカルのやりたいことを叶えるユニットです。



この曲したいー!



っていうのが連絡きて

数日後にスタジオで合わせる。

いつも、ささーっと出来ましたね



何回かここのコードがわからん!ってことで僕が足引っ張ったことあったかな…(笑)



美人ボーカル


え?モデル?と思うほど。



これはあくまで僕目線での話です。



たぶん一緒にやってきたボーカルの中でも

かなり美人な人でした。



絢香に似てます。



歌も上手でしたし、確か音楽関連のパンフレットにも載ってたりと

編集者、絶対顔で選んだなと思った(笑)


ノリのいいカホン

僕からすると兄貴な感じでしたね。

飲みに行ったり色んなことの相談に乗ってくれたりね。

優しくて面白いし!

ベース、ベースボーカル、ドラム、ギターと

とりあえず何でもやる人です。

その中でカホンもやってくれました!

コーラスもネタ混じりなときもあったが

確実に良かった!


ギルドのビンテージを弾く僕

ボーカルとカホンはノリも合う

そんな2人のノリを見て楽しんでる僕(笑)

え?自分は何も無いの?と思うかもしれませんが



僕はクールに(自称)ギター弾いてました。



ビンテージのギルドのアコギをね

バンドのスタジオの後にストラトでアコギユニットに臨みましたが



結果は失敗…

ギルドでなければ上手く弾けないんです。



身体に染み付いているか?って問題かな。



僕はある時はギラギラした服着たり

めちゃカジュアルだったり

時には奇抜だったりと



色々でした!



まとめ



ボーカルの歌いたい曲、やりたい曲を何でも叶える



これなかなか凄いと思うんですよ。



スコアも無し、聞いて弾いて覚える。


この曲歌いたい!やってみたい!


という一声ですぐギターとカホンが対応する



次のスタジオでは形になって合わせている。




ライブしたい!

すぐイベント等を探す!



そんな感じで色々な曲が演奏できたし、かなりの経験積めました。





素晴らしいユニットでした!





最後は僕が関東に来る直前にライブしました。



その時はブッキングイベントでしたが

まさかの僕らだけでワンマンライブでした!



なのでやりたい放題でしたね!



本当に良い思い出ですし
またいつかアコースティックユニットもやってみたいもんです。



あのメンバーで!
(もう6年会ってないけど)





今日はそんなアコースティックユニットの話でした。



読んでくれた方々、ありがとうございました!