元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】バンドをやり続けられる人の特徴を書いてみた


僕は3年前にバンド活動を辞めた(というかリタイアした)人間です。



辞めた僕がいるけど

その反面、今も続けている人が居ます。



やり続けられる人、凄いですよ!




僕には今更バンドなんて出来ないですから



さて、続けられる人は何故続けられるのだろうか?


今日はそのことについて、思ったことを書いてみます。


【スポンサーリンク】



良好な人間関係がある


人間関係大切です。


やっぱり良好な人間関係を築いている人は

音楽もバンドも続けられるんやなーって思います。




そこは上手くやれれば良いけど僕はそんな器用ではないし、あんまり我慢もしないからあかんのやけど(笑)



グループに所属している



学校のクラスでも仲良しグループありますよね?


ああいうのは音楽仲間でもあります。

そのグループに入ってられる人はやっぱり強いですね。

一度は呼んでくれたけど、それ以降は呼んでくれない、なんてのはよくあることです(笑)



そこでまた嫉妬やら云々出てきてしまうんですねー


そのグループの中でバンド組んだり、時にライブもするんです。


側からみたら内輪ノリ的な?



あまり理想を持っていない


理想を持っていない、なんて書き方は少し失礼にもなるけど


単に楽しければ良いと思える人も続けられますね。



その時を楽しんで満足は良いとして

それが何年も続いてるなら僕にとってはダメです。



ここでやっててこの先に何があるんだろ?って思ったりする。


常に現状維持で何も変わらずっていう。

必死さというかそういうの無しに現状に満足してるグループってあるんです。



そういうグループって特別高い理想もなく

今の状態が続けば良いなーって思ってるんです。



めちゃくちゃ失礼を承知で書くならば


向上心無しの現状維持です。



まとめ



良好人間関係を築いていて

何かしらの音楽好きグループに入っていて

今が楽しいー!このまま続けばなー!



って思っているなら



バンドは続けられます



とまぁ今日は失礼なこと書きまくりましたが



実際こういうモンと思ってます(笑)



今日はこの辺で終わります。


読んでくれた方々、ありがとうこざいました!