元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【ギター練習】インペリテリを少しずつ練習する日々


インペリテリの楽曲を弾けるようになりたくて日々練習しています。



最近は忙しくて一日に1時間くらいしか弾けていませんが…


これもバンドしてた頃には出来なかったこと。


とりあえずは曲を聴き込んで練習してます。



難しい…



いや…



難しいというより



速すぎる!!!!!





簡単に言えば・・・



とにかく難しい!ってことです…


【スポンサーリンク】




速弾き練習


速弾きがとてつもなく速過ぎて追いつきません。

実は毎日、ギター持つ度にRat Raceを弾くんですが全然速さについていけません。

速弾きのスピードがもう速過ぎて…

指がバタつくんです

指の動きは覚えてもこれが限界なのか…

速く弾くには更に染み着かせないといけないんだろうなと考えています。


憧れのギタリスト

インペリテリの楽曲を弾けるようになりたい理由は

憧れのギタリストの大村孝佳さんです。

大村さんは様々なギタリストの曲をコピーされていて、分析もされている。

デビュー当時の楽曲からは

わかる人はわかる、インペリテリの香りがします。


それは相当弾き込んだからでしょう。



僕はデビュー〜C4加入までの頃の大村さんが本当に好きです


大村さんの背景には

ジョージリンチ、インペリテリ、イングヴェイといった素晴らしいギタリストがいる



フレージングが好きなのはインペリテリな感じなので

そこを練習していきたいのです!


道は遠くても


そこに辿り着くのは相当困難です。

仮にも自分はラルクコピーを多くやってきたのもあるし、手癖も染み付いています

そこをこれから、自ら超えていくんですから。

新たな物を取り入れる以上、かなりの時間がかかってきます。



弾きたい曲

弾きたい曲、沢山あります。

インペリテリの楽曲で特に弾きたいのが…


Rat Race

I'll Be with You

17th Century Chicken Pickin


この3曲はかなり好きでして、何とか弾けるようになりたい!


まとめ


すごい速弾きの楽曲です(笑)

あの独特のフレージングの手癖を付けたいんです。



けど今の僕はラルクコピーを多くやってきてその手癖がかなり染み付いてます。



そこを自ら破るということはかなり困難というのは自覚はしてます。



そこを何とか破らないことには先へ進めないので今後も日々練習していきます。


自然とあのフレージングが出るようにしたい。



"自然"にっていうのは何も考えずサラッと弾いた時に出るってことです。


頑張っていきます!



今日はこの辺で終わります。


読んでくれた方々、ありがとうこざいました!