元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【考え方】家賃払うのは勿体無い?いや、その考え方は正直バカとも取れます


以前も似たようなこと書きました。

今回また書くのは知人が持ち家信仰により家を購入して後悔した話を聞きまして・・・

辞めといた方いいで?と言ったものの

負債と聞きながらも資産と思い込み購入に走った。


自分がその方向なら周りの声も聞こえなくなるんで仕方ないことです。



世間では今も議論されて続けてることですね。


家賃払っても何も残らないから持ち家の方がいい!





持ち家はステータスだ!



はい、そんなことを世間では議論してるわけですが実際どうですか?


家賃払い続けても何も残らない


言いたいことはわかります


この日本独特の信仰は今も続いている。


持ち家にしたら一人前とか言う人もいます。



果たしてそうか?



家という負債を持つこと



そんな持ち家信仰を持たれてる方を
敵に回す記事ではあります。





【スポンサーリンク】



今も続く持ち家信仰

結論から言いましょう!


家は負債でしかありません!



自分の知り合いも何人かは家を買っています。

結婚してすぐに家を買ったという友人


家賃は捨て金、それなら払い続けて何か残る方がいい

払えなくなったら売ればいい話・・・



この考えがもう信仰です。


これって平成生まれの考えではありません。


高度経済成長期の話ですから。



固定資産税のことや最後は誰が継ぐとかそういう面は考えてるのか?


とりあえず今を幸せに、と考えてはいませんか?


賃貸か持ち家か?


賃貸か持ち家か?

女性は特に持ち家が良いと言うでしょうね(笑)


自分の家という安心感が欲しいのかも知らんけど



現実見ないバカな人多いですよね。



新築で綺麗であっても

住んでればガタがくるんです。

あちこちガタが来てもどうするかは自分です。



家を凝ってカスタマイズしたとしても

売っても対して評価もされない現実

間取りと駅からの距離だけで評価されるのが大半です。



災害でやられても


ローンはガッチリ残るんです。

保険でなんとかなることもあるけど




はっきり言いましょう

今の時代で家を持つことは


幸せという名の地獄行きです。



ちょっと考えればわかりませんか?


日本の少子化問題、今や都内でも学校の生徒数は減っている。



神奈川県でも廃校統合がある


ただでさえ不景気なのに。


2019年には増税もくるのに


そんな最悪な状況なのに家を買う、負債を買うという選択をするのですか?




増税前に駆け込みで買う人もいるんだろな



憧れのマイホーム


家は資産になるか?

いや、ローン払い終わって残るのは古い家


あなたはそこに自分の人生を注ぎますか?


・・・

まぁそれで幸せなら良いんですがね。


人口も減ってる世の中で家賃は何も残らない家は借りるより買うべきだ!

そう考えてるあなた、今の時代では本当に危ないですよ?



家賃は捨て金?


家賃って捨て金ですか?

賃貸か?持ち家か?

まぁこの記事で考えがガラッと変わる人はいないでしょうが・・・


今の世の中でさえも昔の典型的な考え方

家を買うなら若いうちにローン組んで早めに買うという考えがあって根付いているのが不思議で仕方ないです。




まとめ


「家賃を払うのはもったいないから、家は買ったほうが得」

そんな理屈でマイホームを購入してしまう。


この考えって今の50〜60代の人の考えですよ?


その危険性を考えていますか?


それを平成生まれの人も何故か引き継いでいる

昔からの信仰だから変えられない問題ですがね。



家を持ったら一人前!


だなんでいうオッサン、オバハンの言うことは無理に聞く必要ありません。



本当に大切なのは・・・



今の時代を考えて自分にとって

そしてこれからの時代に合っているかどうかです!



家を買って幸せならそれで良い

とりあえず家を買って一人前とかいう考え方捨てましょう!



少子化で空き家が増えてくるであろうこれからの世の中・・・

家にかかる費用で資産を作る方が良くありませんか?

ライフスタイルってどう変化するかわかりませんよ?

不動産ならぬ負動産とも言われてるくらい

大きな買い物であり、リスクあるものです!



これからの時代に家を持つという選択

どうですか?



変化に対応しにくくなります



考え方ひとつです。

資産を作る方がずっと賢いと思うんですが



・・・



根強い持ち家信仰は後を絶えません。





今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!