元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】音楽においてのプロとは何か?そもそもプロとは?っていう話

音楽においてのプロって何でしょうか?


よくこういう人がいますね



プロになれるのは一握りしか居ない!



なんていうことを聞きますよね?

これは様々な分野で聞いたことある人もいるのでは?



スポーツ選手ならば特にそうでしょう。



けれど音楽ならばどうですか・・・?



ここは考え方次第!



ある意味では誰でもプロにはなれてしまいます。



えぇっ?って思った方々!



すごーく単純な話です。



今日音楽においてのプロの考え方について書きます!


【スポンサーリンク】


音楽においてのプロ

音楽においてのプロって何ですか?

皆さんはおそらく・・・?

メジャーで活躍することをイメージしてはいませんか?


確かにメジャーのその領域に到達するのは


ほんの一握りです。


曲を作って世間で注目を浴びること

そしてCD等の流通で収益を上げて生活すること

そんなメジャーで活躍するプロの方々は立派なプロです。


誰でもプロになれる


実はというと音楽においてならば誰でもプロになれるのです。



誰でも?と思った方々

ここは考え方一つです




プロというのは相手に価値を提供して感謝されること

そのお礼としてお金等をを貰うということです。



それが出来たらプロなんです。



例としては・・・

完全にギター初心者のAさん

ギター歴1年のBさんから演奏について、簡単な理論を2時間教えてもらった。

AさんはBさんに2時間のレッスン料を支払った。

ここでお金が発生しています。



こう見たらどうですか?

教えたBさんはプロとなるんです。



関係性は?


いやいや、これはちょっと極端なのでは?

と思えた方々、それは考え直してください。


実際こういうのは友達関係ならば、ここを蔑ろにしてしまうことが多いです。



人から見ての教えてもらう内容等に価値観は色々あれど


教える側はそれなりに労力を使います。



・何を教えようか?
・どの程度弾けるのだろうか?
・これは知ってるかな?知らなかったらこれにしよう。
・運指を鍛える練習フレーズ?ピッキング?
・アンプ、エフェクターの使い方はどうしよう


こういうのを教えるにしても

何を教えるか?教える側ってやっぱり大変なんですよ!



僕は経験したことがあるので言いますが

教える側の準備関係も本当に大変です!


だからもし同い年であろうと音楽に限らず芸術関係は

軽々しく「教えてよー」なんて言いますが


教える側も大変ですよ?



暗黙の了解くらいの域で、友人だから無料でなんて思う方々

言い方は悪いですが


教えてもらう以上はしっかりと対価を支払ってください。

別にそれが必ずしもお金という物でなくても、ご飯をご馳走する等のことでも良いのです。



教えてもらう以上!

あなたに教えてくれる人は

立派にプロといえるのです!


まとめ


いかがでしたか?

音楽においてプロってどうですか?


考えてみるとこれって凄く単純なことではないですか?

教える側、教えてもらう側

この関係が成り立っているならば教える側はプロなんです。

だから教えて貰う側何かしらの対価を支払うべきなんです!





これは余談としてですが

僕はプロになりたいではなく




プロ級に上手くなりたいです。




憧れのギタリストの方々みたいにね!



そこを人生の目標としてるといっても過言ではありません。

今日書いた内容のプロも良いけど。



何より自分が目指すのはプロ級になることです!



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!