元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】フル機材でライブしたときのこと


一度だけ自分のフル機材を使ってライブしたことがありました。

当時のメインのエフェクターボード

エレキ2本、アコギ1本

というね・・・(笑)

エフェクターボードとエレキ2本はキャリーに、アコギは背負うというスタイル

更にトートバッグに衣装を入れるというスタイル

とにかく重い!

しんどい!



もうそんなに機材持って行きたく無い!

二度とやるか!

って思いました(笑)



ただその時はね

ビルボード大阪でのライブで2時間ステージ

そんなチャンスは一生ない!
だから妥協はしない!ということです。



前半ワイヤレス用白ストラト、後半ワイヤード用メインストラト、アコースティックセクション用

という見てる人からすりゃどーでもいい拘り!



【スポンサーリンク】



フル機材

ワイヤレス使ってたんですよ当時は(笑)

ロックなセクションでは

ワイヤレスで動き回るというのをやりたかったんです!

ただそれだけでした。

バラード等、ミドルテンポのセクションはワイヤレスでなくシールドを使う


苦い思い出


持って行くだけで重い!しんどい!

会場に到着するともう疲れた!

もはやライブどころではない!


エレキ2本も要らない


もう二度とあんなことしない。

スタッフが居ればそれもいいけど(笑)

ストラトは見た目も違えばもちろん音の違う

けどそんな拘りなんて

エゴかもしれないなとさえ思います(笑)



解決策は?

あの当時の反省としては

エフェクターを最小限にして

ギターはストラト1本とアコギ1本

ワウは使わないのにボードに入れてたりしました(笑)

完全なる気持ちの問題なのにね〜


まとめ

あの時に学んだこと

ライブでの機材は出来る限り最小限にして負担を無くす

無駄なもの入れる必要ないやん(笑)

ワウもコンプレッサーも使わんやん!

とまぁツッコミどころ満載ですが・・・若かったってことかな(笑)



このライブ後は色々トラブルあって僕の機材が酔っ払いのオッサンに倒されるという事態もありました。
機材は無事でしたが、その時の僕は怒りのあまり、機材を倒した酔っ払いクソ野郎にキレてしまい周りに迷惑もかけてしまいました。



フル機材でライブする。


決して悪いことではないです。
妥協せずにライブ、演奏に取り組んでいる証拠です。

ただかなりの労力も使うし迷惑かけてしまうくらいなら

あんなことはしない方が良かったなーと思います。



もっと最小限にして、それぞれの用途を考えるべきだったなと。

勉強になりました



さてさて、長くなりましたが今回のまとめとしまして・・・

フル機材でも持ち運び、管理はしっかり考えましょう!

ってことです!



次回もこの内容に関連した

機材に関するお話を書きます!



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!