元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】お前にはセンスが無い、そう言われ離れていったメンバーとのこと


何だかんだ4年くらい一緒にバンドしてたメンバーが居ました。


ボーカルでしたが音程は残念全く上手くも無かった

(当時の僕はその辺どーでも良いというか気にしてなかった)



バンドは解散したけど、その後も一緒にやっていこうと言われ着いていきました。

一緒にやってきたもあるしね。



そのボーカル、ここではS君とします。

そのS君とはもう何年も会ってません。

7年くらいかな・・・



今後も会うことはないでしょうが

大阪に行けばまたどこかで会うこともあるだろな〜と思ったり(どっちやねん)



【スポンサーリンク】



S君とのバンド解散後の活動


高校の時に2年ほど一緒にバンドしたS君

2つバンドをしました。

1つ目は半年、2つ目は1年。

バンドは解散しましたがその後の活動として僕にギターやってくれないか?ということになりまして



僕は引き受けました!


まずは曲作りをして3曲のデモ音源が出来たらメンバー探しをする


という流れでした。



そのやり方にも賛成でした!



考えが甘い、センスが無いと言われ続けた



作曲をするということ、仮歌として僕も歌います。

僕はその時は歌がド下手でした。



実はS君もそんなに上手いわけではない。いや、寧ろ下手か?


僕が歌詞つけるのが下手とかアレンジがダメとかね。

コード進行がありきたりだとか、なんかあの曲っぽいだとか…

あれこれあーだこーだ文句も言われてました(笑)



ちょっと腹立たしい面もありちょっと反論?してみたのが

「仮に曲が出来たとしてもメンバーは簡単には見つからんぞ?」とか言ってみると



お前は考えが甘い!と言われる始末。


S君の作った曲流してなんか弾くにしても、アドリブが上手くできなかったりすると

お前はセンスが無い!

って言われてました。



亀裂が入った時


その当時、同い年で上手いバンドがいました。

技術、パフォーマンスも凄くて惚れ惚れするほどでした。

そのバンドのメンバーと自分を比較され続けまして・・・

それがしつこくて僕もイラっとしてきました。



「◯◯◯(上手いバンド)に憧れるのも尊敬も良いけど自分らは自分らのやり方でいいやろ?」



ここは性格もあるし、S君には焦りもあったのだろう。

上手く活動出来てるバンドに比べて自分らは全然上手くいかない。


しかもギター(僕)はセンスないということもありイライラもさせてしまったのでしょう。



何がダメだったか


何がダメだったのか?

簡単な話、S君プロ志向で意識がかなり高かった


けど実際はそれに見合う技術が無かった。



僕はその当時はblanc-et-noirで活動していたし、当時18歳だった僕はただギターを上手くなりたかった


方向性が全く違います





僕はアドリブとか理論とかじっくり勉強できたし良かったなーと思ってます。

あと作曲も出来たし、アレンジする力も少し身についたかなと。

センスが無い等、滅多打ちにされたこともありましたが(笑)



S君は仕事を辞めてバンドに打ち込もうとしていました。
そこに対しても僕はあまり良くは思ってなかったです。

仕事辞めてバンドに打ち込むにしても無謀過ぎると思ってたしね。



その後、S君はどうしているかわかりません。

彼女が出来たことは知ってるがそれまで。


それ以降はどうなったのやら。



とりあえずバンドからは離れたということは聞いたくらいです。



まとめ


S君の作る曲

今聞いてみると音は外れてるし、音程も合ってるように聞こえません

まぁそんな風に聞こえてしまうS君の曲をどうアレンジするか

僕にはセンス無かったのは確かでしょう。



僕はコードは聞いてわかるが

この曲のキーは?疑問が出てくる。

フィーリングで弾けとか言われたりもしたが

そもそもボーカルの音程も取れてないやろ?


というのが本音(言い訳?)でしたがそんなこと言うのもアレなので(笑)



まぁ・・・そうしてS君に合わせてたというか同調してた時点で

自分はあまり無かったんだろうな(笑)



自分のやりたいことを思いっきり通せば良かったなと反省です。



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!