元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【考え方】嫌われる覚悟を持て!そうすれば誰かに好かれる

誰からも好かれず、特に嫌われもしない



そういう人、いますよね?


僕は結構そういうタイプでした。


僕は色んな場面で中立を保っていたことが多く・・・

いや、ほとんど、といっても良い。



波風立たせないように無難にやり過ごしていくことをしていました。




対立した場合、どちらか片方の立場を取るとしましょう。

そうすれば片方から嫌われます



そういう人間関係が面倒だから、嫌だから

要は自分の保身です。



自分はどうなのか?ってのはグレーな感じにして生きてきたことがありました。


やっぱりその後の人間関係のこともあるし

嫌われることでしたから。



結果的にはストレス溜まってしまってる事に気付いて今はそういう場面を減らしています。



【スポンサーリンク】



嫌われたくない気持ち

嫌われるってどうですか?



僕はそれなりに嫌われたり仲間外れにされたりは経験してきたけど

今は笑ってられるが、やっぱりその時の気持ちって本心は辛かったんです。


仲間外れ、無視という陰湿なイジメにも耐えてきました。



そんな仲間外れで嫌われてるような人が

反対意見を出したり出来ますか?



余計に嫌われるだけだと感じてしまう。



そういう中学、高校生活を過ごしてきたから

その後の人生にも影響してるのか?



仲間外れや無視が無くなった時も

自分の意見や考えって持っていながらも発言は控えておいて流されてくることが多かったです。



情けない限りです・・・



周りの意見、考えに同調してやり過ごすって

どっかでになりますよ。

そうしてきた人間は少しでも意見すると嫌な目で見られます。



極端な話、軽く見られてるんです。

もっとわかりやすく言えば

ナメられてるんですよ



自分を変えた大きなキッカケ


嫌われたくない気持ちが強くて自分を出せなかった自分が

何故変わってきたのか?



自分はこうしたい!っていうのを出せないのがダメ。

僕に必要だったことは

嫌われる勇気を持つことでした。



自分が自分らしく生きること、その強い意志を持つ勇気をくれたのは・・・

憧れ、好きなプレーヤーでもある

KellySIMONZさんでした。

あの人の生き様っていうのかな。

支持される反面、嫌われてもいる。



様々な誹謗中傷にも流されず、自分のやりたいことを貫き通している。

そこに着いて行くか、支持するかどうかは人によります。

万人ウケとかではなく自分のやりたいことを通してると知り感じ取り

Kellyさんが2014年にメジャーデビューする頃から少しずつ変わっていくことができました。



嫌われる勇気を持つにしても、すぐは変われません。

ただ自分の考えを少しだけでも出していくことを意識しました。


それだけでも心構え、心の持ちようは変わります!



自分を貫き通す覚悟


嫌われる覚悟、今は持ってます。

もっとメンタル強くしていかないとな!


自分の好きなことはやれる範囲で楽しくやればいいじゃないか!



それだけです。

他人に迷惑かけてなければそれで良い話ですから!



逃げともいえるか?


嫌われることをあえてするわけではない。

人間関係を切るわけでもない

見方を変えれば面倒なこと、嫌なことから逃げることにも取れるでしょう。



けど仕事とかでない限り、嫌なことは避けていいんです。



精神的にも楽ですしね!



まとめ

わざわざ嫌われ口を叩くとかするわけではないです。

ただ嫌われるだろうな〜

こうすれば疎遠になるだろな〜ということは想像しつつ・・・

発言等々はしています。
(ある意味では思いやりがあるから想像出来ることと思ってる)

人間関係の悩みは何かしらありますが

この人には嫌われてもいいか〜的な覚悟はそれなりにしています。



誰からも嫌われずやり過ごすことも大切ですが

あなたのことを嫌わない人は居ません。

誰かしら嫌っていて、誰かしらは気に入ってくれるんです。



自分の持ち味との相性もありますからね!



その後の人間関係とか気になることもあるでしょうが・・・

嫌われる覚悟を持つことも大切ですよ!



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!