元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】音楽での資産と負債について考えてみる・・・

音楽活動ってお金がかかってきます。

楽器はもちろん、メンテナンスにもお金はかかる。



特にギターならフレット交換はかなり痛い出費になります。



初めに言っておきましょう!

お金を生まない楽器類基本的に負債です。



買ってから価値が上がるのなら資産になるかもしれないけど

そんなことは滅多にありません。



今日は少し難しいところですが

音楽においての資産と負債について考えたので書いていきます!




【スポンサーリンク】



音楽は負債だらけ

音楽は基本的には負債なことが多いかなと考えてます。

お金を生まないですよね?

音楽で生計立ててる人なら資産になるでしょう。

けれどそういう人は一般的に言えば一握りな世界

上手ければ良いってもんでもないですから。



売れることで資産になる、そうでなかったら負債です。



お金を生むか?

お金は生む可能性はあります。



日々何かしら活動していたらの話



活動していなかったらお金を生む可能性はゼロです。



僕は元バンドマンなので・・・

バンドに関連するものなら

ギター、ベースはお金を生む?

ドラムもお金を生む?

キーボードもお金を生む?



どれも持ってるだけでは生みません



これはDTM関連の機材も同じです。





資産になるもの


買った時より値が高くなるなら資産でしょう。

クロンのケンタウルスを昔から持っている人は資産になるのかな。

凄い価格ですからね!

給料1ヶ月分〜くらいかな?



単純に言えば

持ってるだけではお金は生まない

なので


機材を使って良い曲作って売ることですね!


それに尽きます!



世に売り出して大ヒットすればお金を生んでくれます。

印税もあるし、楽曲提供だったりね!

カラオケで歌われたりしてもお金が入る!



自分の作品を世に残してお金を生んでくれたら資産です。



単純な話ですね。




まとめ



まとめとしては

音楽においての資産

良い楽曲を作って売れること

です!



それが最大の資産

そうでなかったら、(売れなければ)負債でしかありません!



そういう人はたしかに一握りでしょう。




メジャーアーティストってすごい…



インディーズの方がまだ収入は良いらしい



以上!単純な話でした!(笑)



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!