元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】バンドを辞めて無所属フリーになることについて

無所属フリーという言い方は良いでしょう。

視点変えれば単なるひとりぼっちです(笑)

バンドとしてやっていくことを辞めるのだから

それは当然のことです。



バンドに属さないギタリストという立ち位置

単なる無所属です。

僕の場合は仕事してるわけですから、バンドなんて辞めても何ら困ることはありません。


無所属フリーになるってどうなのか?



バンドを経験してきて自分が今そうしているからこそわかることを書いていきます!

僕は辞めてから頻繁にスタジオ入って色々音作り試していました。


スポンサーリンク



●バンドのプレーヤーではなくなる

バンドギタリストというのはそのまま

バンドに所属しているギタリストです。

何かしらのバンドのギタリストであるのは肩書きです。

バンドがあっての自分ということ。

それが無くなるのです。



そのバンドが無くなればどうしますか?

バンド無しでの自分は考えられない!って方もいるでしょうね。

バンドから離れることで新たに見えてくることもあるんですよ?

自分としっかり向き合うことで

今後どうしていくか?を明確に出来ます!


●個人の活動は何をする?

バンドに縛られず自分1人だったら好きにして良いんです。

バンドの事は考えなくても良い状態。


それまでひ自分のやりたかったことに取り組めば良いんです。


バンド辞めれば使う金も減ります。
活動頻度にもよるけど、なかなか変わります!


月一でバンドの為に2000〜3000円(交通費、スタジオ代等)を消費しているんですよ?

それが無くなるだけで支出が減ります

ライブするとなればノルマ払ったりもありますし!



その費用を積み重ねていくと欲しかった機材とかに回せば良いですよね?



それが無くなる嬉しいですよ!


バンドしてるとなにかとお金を使いますし、時間も、他にも労力使いますよホント・・・

インディーズでもない限り利益も出るかわからない…

バンド活動は極論金食い虫です!



負債です!



活動してて得られる自信とか楽しさは変えれないものがありますがね



●人間関係は


辞めるってことはある一定の人間関係を切る行為にもなります。

人間関係の断捨離ですね。

バンドしてる間にしか関わらない人って多くいましたが、自分が辞めれば関わることも無くなります。


本当にスッキリしますよ!



そういう繋がりは後に財産になる可能性もありますがね。



なので来るもの拒まず去る者追わずのスタンスが良いです。



●バンドに縛られない

どういう活動していくかで大きく変わりますが・・・

自分を縛っていたバンドが無くなるので自由気ままに演奏に取り組めます。

バンドサポートやったり、個人練したり、レッスン業をやってみるか。

作曲するとかね。



この日までにこの曲仕込まないと!

とかもぜーんぶ無くなる



ここで堕落して音楽からスーッと離れる人も多いでしょう。



スーッと離れられる人にとっては

その人にとって音楽自体がその程度ってことなんですよ。

バンドやめると楽器も辞めてしまう人を何人も見てきました。



使わない機材あるなら売ってお金にしましょう!

そして新たな趣味等に取り組みましょう!


●まとめ

無所属フリー自由気ままに楽しめる!


自己投資して成長するも良し!



なんせ自分を縛るバンドというもの無いから(笑)



楽しく生きていきましょう!

バンドやってて辛い、しんどいが上回ってきたら辞めましょう!ってこと。



またやりたい時に始めれば良い!



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!