元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【機材】無限の可能性!BIAS Head レビュー (セミナー、試奏で体感したこと)

今日は僕の好きなデジタルアンプのお話。

BIAS Headです。

Kemperが出てきてから、こういうデジタルの類の商品がすごく増えてきたように思います。

Kemper、フラクタルが多いかな。



僕はどちらかといえばBIAS派です。

この機材は買ってはいませんが、セミナー後はお店で何度も何度も試奏させてもらいました!(笑)

もうね、リペア終わってからの試奏でもいつも使っていたくらい!


そこで感じたことを今回はレビューとして書きます。


スポンサーリンク


●BIAS Head

Positive Gridというメーカーから発売されたアンプです。

僕は高出力のパワーアンプが入ってるやつを試しました。


僕はセミナーで聞いた時

無限の可能性のある機材だと感じました!

島村楽器新宿でのセミナーにて

ギタリストの関秀樹さんがデモンストレーションと解説でした!
↓関秀樹さんのHPはこちら
関秀樹オフィシャルウェブ



アンプヘッドのタイプとラックタイプがあります。

僕はアンプヘッド派かな〜

でもラックタイプにして1U余裕持たせて、ディレイをMIDI制御出来るようにすればラックに収められるな〜と思ったり(笑)


重さは自宅のアンプくらい(といっても色々あるけど)

昔あったFERNANDESのセットアンプくらいかなと。



●サウンド


アンプに関して詳しい人は特に楽しめるのではないでしょうか?

何より驚いたのが

マーシャルのJTM45ダンブルアンプ

元からモデリングとして入ってることです!

弾いたこと無いけど、こんな感じか〜と楽しめる!


関さんの腕はもちろん凄かったです。


これだけ十分楽しめますね!




●面白いところ

iPad、iPhone、iPod touchのアプリでセッティングが出来るところ!


これはすげぇー!!!

と感動しましたね。



iPadで操作してアンプをアレコレ出来るって・・・



めちゃくちゃ感動しましたね!



キャビネットが1960Aでも高音域の強さも感じなくなるし、クリーンも綺麗に出ます!


Fenderアンプクリーンも出せるしかなり良いです!



アプリでアンプを操作!

めちゃくちゃ現代的です!


●気に入ったところ

見た目は現代的な印象ありましたが、操作してみると

普通のアンプと変わりません。



僕が特に気に入ったのが

アンプのパーツを変更できるところ!

パワーアンプの変更も可能ですし、トランスまで変更できる!

これだけでかなり楽しめます!


パワー管をEL34〜6L6に変えたりとかね!

そんなことできるなんて面白すぎる!



アンプの成り立ちについても勉強になりますよ!



●まとめ

万人ウケするものではありません。

多機能で細かいカスタマイズも可能です。

マニアックなアンプかな。


あくまでアンプなんです。

カスタマイズしたアンプが手に入ります。

デジタルアンプですがかなり楽しめるアンプですよ!


価格はKemperの半額くらいです。



アンプを何台も持ち運びたい方にはオススメかなと。

今日はこの曲ではこのアンプが良いな〜ってのにも対応出来ます!



僕はアンプ直結でブースター、センドリターンにMIDI制御可能なディレイあれば完結してしまいそう(笑)


いつか手に入れたい機材ですな〜





あくまでアンプっていうところなので、僕は好感持てています!

Kemper等はもちろん便利ですが、あれだけで全て完結させるのってなんだかな〜って思ってしまう・・・


BIAS Headあればスタジオ入り浸りだろうな(笑)

キャビネットも欲しいな〜



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!