元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】辞める側、辞められる側は交わることはない

バンドを辞める側、辞められる側

両方経験していますが

僕は辞める側の方が多かったな(笑)


今日は両者の気持ちを書きます。

どっちの気持ちもわかるけど

基本的に辞めると言い出したら


辞めさせましょう



引き止めても無駄ですから


スポンサーリンク


●辞める側の理由は様々

脱退理由なんて様々です。


楽しくない
になってきた
嫌なメンバーが居る
疎外感を感じる
新たなバンドが決まった
同じことの巡業でつまらない
成長しない
下手くそな奴が居る
コイツらとバンドしたくない
下手なカッコつけボーカル
音のバランスを考えないギター
遅刻してくるベース
下手くそドラム

・・・等(一部は愚痴もあるがこんなところよね?)

本当に理由は様々です。


●辞める側の対応

辞める側はまずバンドに迷惑をかけないことです。

辞めて迷惑かけてしまうようでは人としてダメです!

理由を話して、いつまで活動するのか?

もしライブが決まってるなら、そのライブはしっかりやり切りましょう!



●辞められる側の対応


形だけでも理由は聞きましょう


辞める側は何かしらの理由を付けてきます。

真摯に聞いてるフリでもしつつとりあえず形だけでもね!


すぐに辞めてバンドに迷惑かからなければ

即辞めてもらいましょう

あなた方と一緒にバンドしたくない
一緒にバンドしても楽しくない
それ以外に新たにやりたいことが出来た

等の理由があるから辞めるのです。





引き止める理由ありますか?





仮に引き止めたとしてもその後いい音楽できると思いますか?

どこかギクシャクしますよ!



●本気で話せるか?


あなたは辞めたいというメンバーと本気で話せますか?

辞めたい人はリーダーと本気で話せますか?



本気で真剣に話し合えるならいいけど・・・

大体が上っ面とまでは言わないですが、音楽で関わった人とは

友達でない限りはそれ以外で関わること無くなることが多いです。



本音ぶちまけれる相手なら良いですがそうでなければ時間の無駄。

関係性悪くしない程度にしておきましょう。



本気で話せない相手となんて音楽しても、たかがしれてますよね?



●まとめ


辞める側も辞められる側も

辞めると言いだしたら

いつ舐めるか?を考えましょう!

バンドに迷惑をかけないように!


勝手に逃げるように辞めて迷惑かけるバカも多く見てきましたが

そういう奴はただ自分勝手です。


その辺は早い段階で見抜きたいところですね〜



今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!