元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【ギター練習】唯一続けているギター、楽しむことの意味、ギターがあると生きてると感じる

土日はギター弾いて、ジャズの本を読んだりしておりました。

新鮮で楽しくて…



あ!ブログ更新してない!



と昨夜寝る前に気付くという(笑)





インペリテリ弾いて、宮脇さんの教則本弾いて、ジャズのフレーズ弾いて…



とまぁ本当は他にもやりたいこと沢山あるんですよ!





中学生の時に始めたギターという楽器・・・


僕が大人になっても変わらず続けてるのって

本当にギターだけです。


ギターを辞めることは考えたことない…

僕は練習も苦にならないです。



練習すれば必ず上達できるからね。

安達久美さんの言葉ですが

「ギターにゲームオーバーは無い」ということ

楽しんでやっているからこそ続けていられるのです!


そして上達していくことが楽しい、それだけです。

スポンサーリンク


●楽しむことは?


僕は地味と思われる基礎練習でも昔から楽しんでやってます。

昔から少しでも時間あればギター弾きます。

練習して上達したい、本当にそれだけです。



上達して意味あるのか?



と聞かれることもあるんですが、そこに意味を考える時点で自分とは違うってことです。


下手くそな演奏したくないですからね。



前より上手く、昨日より上手くならないと

やっぱり嫌なんです!




●苦にならないこと


上達したいけど練習しないとな〜

と考えてる方



その心の持ちようでは上達には限界があります



僕にとっては

「一日中ギター弾いてていい」

ってのはこの上なく嬉しいことなんです。



普段はまったく練習しません!っていう人もいます。
僕は日頃から練習しろよと思う派



いつまでも下手くそで成長する気もないバンドでギター弾くくらいならば


1人でギター弾いてる方が圧倒的に楽しいです。



好きだから弾いてるし

上手くなりたいから練習する。

僕はただそれだけです。



皆が刺激し合って成長していくのが理想。



●目指しているレベル

憧れたギタリストのようになりたい気持ちもある。

とはいえ憧れの方々は自分が上達しても

更に上を行く人です。


挫折しそうな気持ちがないと言えば嘘にはなるけれど

憧れに向かって練習していると



僕は生きているなと感じます。

この前よりもちょっと良くなったかな?と思える瞬間

たまらなく嬉しいです。



●変わらず死ぬまで

理想は命ある限りギター弾いていきたいです。


努力していけば結果はついてくる。

元々の感性や個性等でスタートは違ったとしても


確実に上達していけると信じてます



●まとめ


好きこそものの上手なれ



僕はまだまだ上達していきます。



自分の好きなようにやっていこうということでバンドを離れてもギター弾いてます。

バンドしなければ演奏しない人も多いけど僕はギター好きでギターやってます。


バンドやってても怠い、つまんねーと感じてるなら即刻辞めればいい。



今の自分はギターでやりたいことやってます。



だから今が楽しいです。



今後も自分のやりたいように音楽していきます!





今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!