元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【エフェクター】BOSS DS-1 -はじめてのディストーション-

今日はエフェクターの定番BOSSのディストーション、DS-1についてです。

 

オレンジのやつです。

 

僕が高校1年の時に初めて買ったエフェクターでもあります。

 

  

 

このエフェクターは僕はなんだかんだと5年くらいメインの歪みで使っていました。

 

初めて買ったエフェクターでかなり使い込みまして

 

エフェクターのオンオフのスイッチの効きが悪くなっています・・・(笑)

 

 

 

はじめてのディストーションに最適

 

ディストーションってどんなエフェクター?とエレキギター始めたばかりの人は思うかもしれません。

 

そんな方々にまずはBOSSのDS-1をオススメしたいです。

 

ディストーションというエフェクターを知るにはこのDS-1が最適と思います。

 

賛否ありますが僕の考えは…

 

DS-1で良い音が出せないなら他のディストーションを使っても同じ

 

と思ってます。

 

本当にディストーションとしての基本と思ってます。

僕のエフェクター選びはいつでもDS-1を基準にしてます。

 

サウンド

 

僕は高校1年の時に買いましたが、それはもう納得のサウンドでした。

 

「めっちゃ歪むやんこれ!!!」っていう感じで

 

買ったばかりの頃は弾いてて気持ちいいからと、とにかくギンギンに歪ませていました。

(DISTはMax、TONEは半分くらいで)

 

アンプの歪みも良いんですが"ディストーションを使っている"っていうのがカッコいいというか…

 

買ったばかりの頃はそんな楽しさもありましたね(笑)

 

強く歪ませてもマイルドな感じもあって良いですし、アンプはJC-120でもマーシャルでも良い感じに鳴ります。

 

なんだかんだと弾いてて心地いいです。

 

今でもスタジオに持っていって鳴らしたりするくらいです。

 

 

 

音作りのポイント

 

DS-1はTONEのセッティングが重要です。


ここのセッティング次第で音の印象が大きく変わります。


DISTを上げるなら、TONEは下げる。


これさえ守れば良いポイントが見つかると思います。

 

 

 

僕のセッティング

 

DIST・・・ 4時


TONE・・・9時

 

大体このあたりにしています。

 

マーシャル、JC-120でも平均してこのあたりで、強く歪みながらもマイルドで綺麗な音がします。

 

高音域も突き抜ける感じは無くちょうど良いと感じてます。

 

ギターの弾き方で音は大きく左右されます。

 

僕のベストなセッティングで試しても良い音が出ない可能性もありますのでご参考までに

 

 

 

このDS-1はラルクコピーのギターにも使える、向いてる音だと思っています。

 

実際、kenさん本人も使ってるときもありました。

 

ラルクコピーされてる方で、ディストーションサウンドに悩んでる方、ディストーションの基本とも言えるDS-1を是非試してみてください!