元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽と自分】音楽との向き合い方について

実は僕は昔・・・

 

音楽というものがとてつもなく?

 

 

 

腹の底から・・・

 

 

 

それはもう

 

学校でとにかく一番嫌いな科目でもあったのが

 

音楽でした。

 

 

あぁ…今日は音楽あるのか…

 

嫌だな〜と思いながら登校する学生時代

 

早く終わってくれ…と思う45分、50分でした。

 

 

 

それほど

 

 

本気で大嫌いでした!

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

とにかく音楽が嫌い

 

とにかく音楽が嫌い!

 

 

幼稚園でのハーモニカ、小学校でのピアニカ、リコーダー、合唱、音楽会・・

 

 

 

もう全て大嫌いでした!

 

 

 

一番加速したのは・・・

 

 

小学4年生の時のことです。

 

音楽の授業で合唱があったのですがそこで先生からとんでもなく、こっぴどく怒られたのです・・・

 

 

 

「お前やる気あんのか!」

 

「ちゃんと歌え!腹から声出せ!」

 

 

 

ってな感じでとてつもなく怒られまくりでした。

(今の小学校でそんなことあったらどうなるやら・・・)

 

 

 

なので音楽の時間というのは地獄

 

先生に嫌われてたのもあるんやろな〜

 

そこから音楽が嫌いというのが加速してしょうがなかったです。

 

そもそも歌うってことがわかってなかったのもありますがね・・・(笑)

 

 

 

ギターとの出会い

 

そんな僕ですが・・・

 

中学生の時に少しずつですが向き合えるようになっていったのです。

 

中学2年生の時、音楽は相変わらず嫌いでしょうがなくて・・・

 

通知表で2になってしまったのです。

(相当なサボり野郎でした)

 

当然、音楽という芸術科目で通知表で2ってのは相当酷い証拠です。

(当然親にも叱られる)

 

その原因の一つが授業でのギターでもあったのです。

 

父親が昔にギターをやってたのもありまして、そのギターを引っ張りだしてきました・・・

 

そこから練習させられるという・・・

 

 

 

嫌々ながらも

いざ弾いてみるとギターが少しずつ弾けるようになってくるんですね(笑)

 

 

弾けるようになっていく楽しさを覚えていきまして

 

学校の授業は単音弾きで良かったのに

コード弾きに興味を持ち始めます。

 

 

 

学校の授業でもやるわけない内容ですが…

一ヶ月くらいで弾き語りもできるようになりました!

 

 

 

WANDSの世界が終わるまではという曲を弾けるようになりました

(スラムダンクのエンディングテーマでも使われてた曲)

 

そしてしばらくしたら学校では

ギターが弾ける奴になってました(笑)

 

そこから当時学校でも流行っていたゆずの曲をたくさん弾き語りしていきます。

 

 

 

エレキギターへの興味

 

中学3年の時です。

 

ある時、父親がDEEP PURPLEのSMOKE ON THE WATERをちょろっと弾いたのです

 

「あ、これ聞いたことある!」

 

という興味からCDをレンタルしまして

 

SMOKE ON THE WATER

BURN

HIGHWAY STAR

BLACK NIGHT

 

を聴いてみて

 

エレキを弾きたい!と思うようになりました

 

それからFenderを知り、ストラトキャスターを知り、リッチーブラックモアを知っていきます。

 

 

 

音楽が大嫌いだった僕ですが

 

ギターをキッカケに音楽の授業にも少しずつ取り組むようになりました

 

 

 

 

 

DEEP PURPLEがキッカケでエレキギターをやりたいと思うのは僕の世代なら珍しかったかもしれないですね(笑)

 

 

 

 

 

当然ながら学校でも身の回りにハードロックが好きな友達なんていなかったです(笑)

 

とりあえず好きになったので、たくさん聴いて曲を覚えていきました!

 

 

 

ギターをキッカケに少しずつ変わっていった

 

自分の音楽への向き合い方。

 

 

 

やっぱり小学生の頃音楽嫌いが加速したのが良くなかったな〜と思います。

 

まぁ自分が歌えてないのは確かですが

 

そこで先生から集中攻撃でしたからね(笑)

 

 

 

いずれ僕の歌が酷かった話も書こうと思います!

 

 

 

今日はこの辺で終わります。

 

読んでくれた方々、ありがとうございました!