元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【バンド活動】やってて良かったバンドのことは忘れない

自分にとって

やってて良かったバンドのことは今でも忘れません。



もうすぐ10年経とうとしてるけど

未だに忘れませんね。



自分がやってて楽しかったバンドが解散するとやっぱり悲しいし、その後のモチベーションにも大きく影響します。

僕はblanc-et-noir(ブランエノワール)というバンドを18〜20歳あたりまでやってました。



自分の中ではハッキリ言って

blanc-et-noirを超えるバンドは無かったです。




やってて楽しかった!

自身の向上心も大きく出来たバンドでした。



ラルクのコピーバンドでした。

心からやってて楽しいと思えました。




今は当時のメンバーと連絡取ることはないですが

時々SNSで



元気にしてるんやな〜というのは時々確認出来ます。





未だ楽器続けてて音楽してるのはメンバーでは恐らく僕のみかも…





僕にとってギターは"やめられないとまらない"なのです(笑)





今や辞め方を知らないって感じかもしれないです。



blanc-et-noirは特段ストイックでもないけど高い水準で演奏出来ていたのです。



本当に〜?と思うかもしれませんが、僕にとっては高い水準で出来てたと思ってます。







ノリで〜とかいうところもあるけど、そのノリっていうのも

そこはお互いのレベルが近いからか阿吽の呼吸というか。

かなり不思議でした(笑)



あの感覚はそれ以降のバンドでは味わってません。

(定期的にセッションしてる関西のメンバーとはそれに近いものは感じるけどね)



僕にとってはとても楽しかったblanc-et-noir

今もやっぱり思い入れはあるし強いです。



その後も色んなバンドやってきたけど、比較してしまうことが多かったです。





blanc-et-noirが分離し始めた頃、僕は色々と迷走し始めてたようにも思います。



今思えばblanc-et-noirが順調に出来てたとき、僕がバンドマンとして一番ギラギラしてたのかもしれない。

その時は経験積むためにとひたすら前見て突き進んで行くだけでした…

立ち止まってたらあかん!引きずってたらあかん!
なんとか次へと進んでいこう!と無理にでも前向きに考えていましたがモチベーションが上がりにくかったり…色々立ち止まったりしてました。

それから5年後・・・

25歳の夏にバンド活動を辞めました。





その5年間ではラルクコピー関連でblanc-et-noirよりも上手く演奏が出来たバンドも当然あります。
(オリコ女史とのバンドVanilla*とか)



それでもblanc-et-noirの味とは当然違います。

常に引きずりながらやってたかもしれないな(笑)


この記事で、僕がどれだけ

blanc-et-noirがやってて楽しくて好きなのかが伝わったと思います(笑)


やってて良かったバンドのことは思い入れ強いですし忘れられないもんですね!