元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【機材】ヘヴィな楽曲で使うストラト

今日はライブではあまり使っておらず

セッション等でもあまり使っていない、そんなギターをご紹介!

このギターです!

Fender JAPAN ST-RK

リッチーコッツェンモデルです。

唯一持ってるアーティストモデルかな。

このギターを選んだ理由は色々あります。

デビューした頃の大村孝佳さんの持つ赤ストラトが欲しかったのです。

僕の音の好みはアッシュボディなので、アッシュボディは外せない条件。


サンバースト、白は21フレットなので、22フレットのストラトも欲しかった。

大村孝佳さんの赤色ストラト、そのお弟子さんのMIYUさんのスナッパーも赤色

大村孝佳さんのギターはネックが太くてジャンボフレットなので自分もそういうのが欲しい。

ゴージャスにしたいのでホワイトパールピックガードゴールドパーツ(後でも変えれるけど)

個人的にストラトといえばFender、ロックと言えばストラト、そしてFenderが好き(ロゴの見た目もあるけど)



というわけで探す条件が

●アッシュボディ
●22フレット
●赤色
●極太(厚い)ネック
●ホワイトパールピックガード、ゴールドパーツ
●メーカーはFender



はい、ワガママ過ぎます!(笑)



とはいえそんな中で見つけたのが

Fender JAPANのST-RKだったのです!



ドンピシャでした!



けど…

音作りがあまり上手くできずで

ピックアップを出力の小さい物に交換しました!

フロントはHS-4、リアはHS-3という仕様です。

リッチーコッツェンモデルが台無しとか言われましたが自分の好みの音を出すにはピックアップの交換は必須でした。



交換したら当然思う音が出せるようになりました!

その時にパーツは色々変えてますが、そこは単純に言えばUSA仕様です。

リペアマンの方にはとてもお世話なってました!(笑)

※現FenderのリペアマンUさん



って改造の話しかしてませんね(笑)



このギターはネックが太いのもあってか音は太いです。

低音がズンズン鳴る楽曲には良い感じに対応出来るかなと。



Providenceのエフェクターと組み合わせて使うと凄いクリアな音になります!

(当時のバンドのメンバーもびっくりするくらいでした)



練習でこのストラトはよく使いますが、ネックが太いのでこのストラトの後に別のストラトを弾くとネックが凄く小さく、薄く感じます。



ヘヴィな楽曲が多いときはこのギターです。

このギター、ライブとかでまた使いたいです!