元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】何のために楽器をするのか?

 僕はバンドを辞めても

 

ギターはずっと続けています。

バンド辞めてもギターは辞められないのです。


やっぱり好きでギター弾いてるし、ギターに触れている時間は本当に楽しいです。

 

 

 

趣味であり人生の課題

 

とも言えるギターです。


今やギターを弾くというのは生活の一部かもしれません。

 

そんな僕ですが、知り合い範囲ではそういう人はあんまり居なくて…(笑)

 

価値観や考え方の問題の内容ですが今日はそんなお話です!

 

 

 

 

バンドやライブのための楽器


僕が音楽で関わってきた人は

 

大半はこういう人です。


バンドを辞めると楽器はやらない

 

なので、バンド活動をやらなくなると

 

自然と楽器から離れていく

 

という人がほとんどな印象です。

 

バンドやってないから楽器はやる必要が無いという考えなのかな?

 

バンド以外の時間、普段は全く別の趣味等をしてるって人も割と居ます。


せっかく上手いのに・・・

って思うこともあるけどその人には

 

バンドやライブをするための楽器でしかないのでしょう。

 

そこはどれだけ音楽が好きか?の度合いでしょうね。

 

 

 

ある程度弾けるようになってるからそれ以上は練習しない

 

練習すれば出来る技量はある

 

だから

 

やるべき時に練習をすればいい

 

という考えがあると僕は思ってます。

 

それはとても効率的ですね。

 

特段それ以上のレベルアップとかも望まず、現状維持(僕からすると後退)という人です。

 

これが悪いとは決して言いません。


そういう人もいるでしょう。

 

 

楽器が好きで上手くなりたいから楽器やってる

 

自分で言うのもなんですが僕はこのタイプと思ってます(笑)


楽器が好きで弾きたい曲やなりたいギタリスト像を追いかけて練習する。


バンドをしたい、ライブをしたい、とかではなく単純に

 

ギターが好きで上手くなりたいという欲があるのです。

 

どうせアマチュアなのに上手くなろうとする意味は何なのか?


なんて言われたことも何度もあります。


ただ単にギターが好きだから

 

ギターを練習して上手くなりたい!

 

本当にそれだけです。

 

 

 

最後に

 

大まかに3種類になりましたが、恐らくこんな感じかなと思ってます。


好きなアーティストとか、音楽の好みは似てたり同じでも

 

取り組む意識や考え方はこういうところで色々とズレが出てくると思います。


意識が揃ったメンバーで音楽活動ができるというのがやっぱり理想ですね。

 

 

それが難しいことなんですがね・・・

 

 

 

今日はこのへんで終わります。

 

読んでくれた方、ありがとうございました!