元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【音楽活動】高校卒業したあたりは音楽活動の色々な転機

音楽活動、バンド活動をしてて何かしらの心変わりがあったり、自身の音楽への向き合い方だったりが変わる時があると思います。

個人的にですが、それは18歳くらいが色んな転機になると思っています。

今日はそんな音楽活動での転機のお話です。



※個人的に思う転機です



【スポンサーリンク】





そのまま何となくやり過ごして行く人

この言い方はとても悪いかもしれませんが、お許しください。
15歳頃から音楽活動を始めて、特に深くは考えず今まで通り音楽、バンド活動を続けていく人です。

上手い、下手とかではなく楽しく出来てるかどうかです。
時にはノリでいいだろう的なことも。

個人のレベルアップとかはなく、とりあえず今まで通りに音楽は楽しむというタイプです。


真剣に練習し始める人

僕はこのタイプだと思っています。
今のままではダメだ!と感じてギターを基礎から叩き直していきました。
ただ楽しいっていうよりも、自身の成長していく楽しさだったり、活動のやり方だったり、どうすれば良いバンドができるのだろうか?
そんなことを考える向上心あるタイプです。


辞めてしまう人

高校卒業と同時に音楽を辞めてしまうタイプです。
辞めるのはもったいないと思ってしまう面もありますが、そういう人たちはもう音楽に満足したっていう人が多いように思います。
悔いなく出来たのならそれも素晴らしい選択肢ですね。


新しく始める人

高校時代は運動部だったけど、大学では音楽でもやるか〜っていう人もいました。
高校卒業して、就職してからの趣味として音楽をされる方も居ます。

あとは親から音楽することを許してもらえなかった人で、高校卒業してから音楽始めるって人もいました。

音楽に限らず新しく趣味としてでも何かを始めるというのは素晴らしいことですね。


最後に

音楽を続けていくのはお金時間もかかります。

楽しく続けるスタンスも、上達していくスタンスでと、どちらであっても

音楽は腹の底から楽しめていればそれでいい

と僕は思っています。

どれだけ上手くなれるか、挑戦するのも素晴らしいことです。

場合によって辞めるというの選択もいいことです。

音楽を仕事にしてるとかでない限り、やりたくないことはササッと辞めてしまう方が自分の為に、これからの為に、お金も時間も有意義に使えます。

高校卒業したあたりに様々な理由で音楽続けるも辞めるもあると思います。




【スポンサーリンク】





結局は途中でも似た内容を書きましたが…

自分が楽しく音楽が出来てるかどうかだと思います!

以上!

読んでくれた方々ありがとうございました!