元バンドマンのギター人生

ギターと共に生きてる自称ギタリスト

【スポンサーリンク】

【エフェクター】sobbat DB-1

今日はsobbat DB-1について書きます。

 

 

京都発ハンドメイドエフェクター

 

さて、いきなりですが…

 

僕はこち亀ことこちら葛飾区亀有公園前派出所が大好きで昔読んでました。
読んだのは100巻からですが…

50巻〜200巻まで持ってたんです!

 

実家に置いてて売られたけど…

 

そのこち亀のキャラクターで京都といえば磯鷲家を思い出します。


この絵を見るとこち亀の磯鷲早矢を思い出してしまいます。
(めちゃくちゃ個人的ですみません)

 

早矢は弓道ですが確か何かで薙刀もあったような…


そんなこんなでこのイラストの女の子を見ると、とりあえず磯鷲早矢を思い出すのです。

 

そんなsobbat DB-1。
僕がこのエフェクターを買ったのはギタリストの大村孝佳さんが使っていたからです。

 

個人的にはノブがダサいな…と思ったので


買ってしばらくしてから大阪日本橋のシリコンハウスでカッコいいノブを買いました(笑)

 

これだけでも見た目の印象は結構変わるので良いです!

 

大村孝佳さんはシールを貼り変えてましたね。あのステッカー欲しい…

 

 

 

サウンド


見た目の和の印象が僕には強いですが、サウンドはハードなディストーションです。


僕はマーシャルで普通に歪ませてる上で、ギターソロでソリッド感を出すために使っていました。

 

アンプをクリーンにして歪ませるのも全然アリです。JC-120との組み合わせも悪くありません。

 

 


GAINの幅が広いので、半分くらいで結構歪みます。

 

ただノイズが少し多いかな…?という印象もあります。

 

ノイズもこのエフェクターの味と捉えるかは人それぞれです。


僕はこのエフェクター使う時(アンプブースト時)はBOSSのノイズサプレッサーを入れてます。

 

 

音作りのポイント

 

TREBLE、BASSのセッティングだと思います。フラットから調整していくと良いと思います。これが結構印象変わってきます。

GAINは気持ち控えめの方が輪郭もしっかり出る、そんな印象です。

 

僕のセッティング

_________________________

マーシャルを歪ませてソロでブースターとして使う時

 

DRIVE・・・8時

BASS・・・2時

TREBLE・・・10時

_________________________

アンプをクリーンで歪ませる時

 

DRIVE・・・1時

BASS・・・2時

TREBLE・・・10時

 

_________________________

 

ジャキジャキになり過ぎないようにTREBLEはアンプやアンサンブルで様子見つつ調整しています。

 

 

 

最後に…

 

京都発ハンドメイドエフェクターのsobbat DB-1。


僕はセッションでこれ持っていくことも多々あります。メタル系にもこのエフェクターは合うと思っています。

 

 


あと、オマケです。

 

最近は電源をオヤイデ電気のDCケーブルにして使っています。


オヤイデのDCケーブルで音は結構変わります!

 

気になる方、是非試してみて下さい!